金澤翔子の母親の年収はいくら?金澤泰子はダウン症の娘のために…

芸能

金曜日のスマイルたちにダウン症という障害を抱えながら女流書道家となった     さんが出演されます。

その翔子さんを育て上げた母・金澤康子さんの人生も壮絶だったと思います。

そこで今回は同じ書道家でもある金澤康子さんにスポットを当てて紹介したいと思います。

金澤康子とは?

生年月日 1943年

出身 千葉県

1966年 明治大学卒業、

1990年 東京に書道教室開設

現在、久が原書道教室主宰。東京芸術大学評議員。日本福祉大学客員教授。

 

金澤康子の育った家庭環境は?

泰子さんは41歳のときに翔子さんを出産しています。

翔子さんが障害を持っているのを知ると、自分を責めて死のうとまで悩んだそうです。

元々は千葉の旧家の生まれで実家は大金持ちだったそうです。

これまでにない苦労をされたんではないでしょうか?

しかし、これも運命だと受け入れて、娘と精一杯生きていこうと硬く決心したそうです。

翔子さんが5歳のときには書道に興味を持つ娘に対して教室を勧めて、翔子さんが筆をしっかり持つ姿に才能を深く感じたそうです。

母娘の関係を飛び越えて、大変厳しく指導されていたそうです。

これは大きな起点になったのではないでしょうか?

自分と同じ道に進もうとする娘を書道を通して叱咤激励できるというのは、ようやく見えた光脱兎のではないでしょうか・

母親に怒られながらも懸命に字を書き続ける姿勢が、作品「涙の般若心経」の元となっているそうです。

書家として母親として様々な困難を乗り越えてきた泰子さんは、今が一番幸せに感じるそうです。

それはなぜでしょうか?

金澤康子の年収は?

翔子さんは30歳の時に一人暮らしをすると宣言して、現在は大田区の久が原駅近くの賃借マンションで暮らし始めているそうです。

娘と別々で暮らすことで生まれた信頼という安心感は相当あったと思いますし、心配する気持ちも増えたかもしれません。

しかし至近距離にあるマンションなので、作品の制作は母親の経営する書道教室で行っているそうです。

毎日顔をあわせられるってことでお互いにいい関係を保てているようです。

そんな康子さんの年収について調べていました。

自信の経営する書道教室と、講演活動などで有名書道家ほどではないかもしれませんが500万~600万程度になるのではないでしょうか。

あくまでも予想なので、詳細な情報があり次第追記していきます。

金澤泰子はダウン症の翔子のために

翔子さんの部屋には、母・泰子さんとの三つの約束である「おかたづけ」「寝る時間」「やせる」と書いた紙が貼られているそうです。

一人暮らしでだらしない生活にならないように常に心が絵^けてもらいたい母親の願いなのかもしれません。

最近ではタブレットやパソコンも使いこなせるようになり、1人で買い物、母の泰子さんに母の日のプレゼントでレーズンパンを作って渡したそうです。

本当に仲のいい親子で羨ましいですよね。

これからも2人の末長い幸せを見届けていきたいですね

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は金曜日のスマイルたちにダウン症という障害を抱えながら女流書道家となった金澤翔子さんの母・金澤康子さんの人生についてまと待て見ました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。