SHELLYが旦那と離婚!子供が本当の原因?理由は夫の不倫?

芸能

日米ハーフの人気タレントSHELLYが、8歳上でテレビ番組制作スタッフの夫と離婚したことが明らかになりました。

今月に入って離婚が成立し、司会を務める日本テレビ「今夜くらべてみました」でも明かしており、お互いすれ違いが増えたことが原因だと言うことでした。

そこで今回は旦那と離婚した本当の原因と理由について調査していきたいと思います。

SHELLY(シェリー)のプロフィール

1984年5月11日

横浜市出身。

父親はイタリア系米国人、母親は日本人。

血液型A。

14歳の時にスカウトされ芸能界入りして最初はモデルでデビューされています。

20歳の頃に音楽番組に出てからタレント業へ、現在は数々の人気司会者として活躍されています。

SHELLYが離婚した旦那は日本テレビのディレクター!

SHELLYさんの離婚した夫は相田貴史という名前で、「行列のできる法律相談所」、「しゃべくり007」など人気番組を担当していました。

2人の馴れ初めは、共通の知人でもあるタレントのいとうあさこが紹介して、その後2人きりで食事などをするうちにえ、交際に発展しましたそうです。

2013年には写真週刊誌フライデーにて、熱愛報道されており、交際期間1年3ヶ月を経て、2014年に入籍しています。

その夫、相田貴史の画像がこちらになります。

SHELLYの子供が離婚の原因?

先日放送された「アナザースカイ2」では父親の故郷である米イリノイ州に娘2人を連れて行く様子が紹介されていました。

こちらでは娘さんを大切にしているSHELLYさんの姿が印象的でしたが、夫の話題については出てきていませんでした。

この時にはすでに離婚について話がついており、特に話題にすることを避けていた可能性があります。

2人の親権につおてはSHELLYが持つようで、夫側も子育て面のサポートをしていくそうです。

なので特に子供が原因で別れることになったわけではないですが、子育てにかける時間を作りたいSHELLYさんの気持ちは強いようにも思えました。

離婚の理由は夫の不倫のせい?

また結婚生活6年足らずでのピリオドとなり、旦那さんもテレビ局関係の仕事であるため、不倫などの可能性もあったのではないかという憶測も立っていました。

芸能関係者によると「今夜くらべてみました」の収録で「(夫側から)切り出された」と明かされていたそうです。

その後はお互いに話し合いを重ね、互いに納得した上で離婚を決めたそうです。

人気司会者と人気番組のディレクターともあれば、ともに仕事が多忙な中で、すれ違いが増える事は必然的であったのは仕方ないことだとは思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はSHELLYの旦那と離婚した本当の原因と理由について調査しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。