KAZMAXの詐欺がヤバイ!薬物で逮捕された場所はどこ?

社会

人気トレーダーでオンラインサロンも開いているKAZMAXこと吉澤和真が薬物で逮捕されました。

カズマックス容疑者は文春砲にてサロンのやり方に詐欺疑惑が持たれていましたが、まさかのMDMA使用の疑いで捕まっています。

今回は吉澤和真が薬物で逮捕されたことや詐欺の被害やサロンの評判についてみてみましょう。

カズマックスのプロフィール・経歴について

名前 KAZMAX

本名 吉澤和真(よしざわ かずま)

生年 1989年

出身 千葉県

出身大学 明治大学経営学部

明治大学を卒業後は、一時サラリーマンとして勤務しています。

実家は皮革製品の製造販売業を経営していたのですが倒産して破産金額はなんと30億円に上っています。

24歳のときにKAZMAXも3億円もの借金を背負う羽目になっているので、この頃から多額のお金を得られる投資やFXに関心が高まったように思われます。

KAZMAXが逮捕された場所はどこ?

2019年11月11日の午前4時頃に渋谷にあるクラブ「X」で吉澤和真という人物が薬物を所持しているという通報がありました。

検査の結果薬物の陽性反応が出ていたので、その場で逮捕されています。

この場所はイニシャルにもあった「渋谷WWW / WWW X」であると思われます。

吉澤和真本人は薬物での使用については否定をしていますが、この現場の様子がツイッターで拡散されています。

その逮捕時の様子がこちらになります。

ちなみに吉澤和真以外にも4、5人の男がいたものの全員逃げたとのことでした。

クラブ内でかなりオープンに使っていたという情報もあるので、逃げた容疑者も近日中に捕まる可能性が高いと思われます。

 

オンラインサロンの詐欺内容とは?

KAZMAXは投資家として成功されていますy。

2018年8月には月3万円の会費をとるオンラインサロンを開設して7000人以上集めるなど大きく話題になりました。

しかし2019年7月には文春砲がKAZMAXに直撃したことで内城の杜撰なやり方について明らかになり、200名まで減ってしましました。

KAZMAXはオンラインサロン生に一斉に同じポジションを持つことで相場を動かす手法を売りにしていました。

そしてごく一部のメンバーだけが入れるLINEグループではそれを利用し、多くのサロン生よりも先に情報を出すことで一部のメンバーだけは大きな利益を得られるという仕組みになっていました。

さらにサロンのメンバーにも押し売りなどしていた疑惑などあり、それが露骨であったのではないかとも言われています。

カズマックスの逮捕に関するネットの反応

実はKAZMAX容疑者は以前にもトレーダーのマサ吉により刑事告訴されています。

KAZMAXのやりかたが疑わしいものであるため注意喚起のみと終わりました。

2018年5月にスカイプで話をするとKAZMAXはマサ吉に対して激怒して自体は収集しませませんでした。

このときに録音をしていたので脅された場面がバッチリ残っており証拠とともに脅迫罪で刑事告訴といった形と進展しました。

そんなKAZMAXこと吉澤和真の逮捕についてのネットの反応はこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は吉澤和真が薬物で逮捕されたことや詐欺の被害やサロンの評判についてみてみましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

覚醒剤MDMAとは?

化学薬品を合成した麻薬で、覚醒剤と似た興奮・幻覚作用がある。

また「エクスタシー」と呼ばれることもあります。

錠剤型で、注射器などを使う覚せい剤より簡単に服用することができる。

1錠4千円程度で売られており、オレンジなどのカラフルな色が特徴で、若者の間で急速に広まっていると言われる。

こちらの薬物はアメリカを中心に世界中に広がっており、危険性の高い分野として警察にも取り締まれていたそうです。