即位パレード|雅子さまのドレスのブランド、値段は?

社会

11月10日に天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が行われました。

今回の即位パレードでは、「即位礼正殿の儀」と同様、皇后になった雅子様のドレスやティアラに注目が集まっています。

そこで、雅子さまが即位祝賀パレードでどんな華やかなドレスを着られていたか調査しました。

皇后雅子さまの着ていたドレスのブランド、値段について

11月10日天皇陛下の即位を祝う「祝賀御列の儀」は沿道に多くの人たちが詰めかける中、15時ごろに皇后雅子さまは華やかなドレス姿でお出ましになられた。

その姿は白に近い、オフホワイトのような色のドレスで、ローブ・デコルテだっだと思われます。

そしてその上に羽織られたジャケットが、ご成婚のときを彷彿とさせるデザインでした。

首回りを華やかにする「ローブ・デコルテ」と思われるドレスは イタリアの『アントニオ・リーヴァ』のブランドでないかと言われています。

それは、最近はアントニオリーヴァも軽めの生地を選んでいる傾向があり、『ミカドシルク』素材のものが使用されているかというものです。

『アントニオ・リーヴァ』を扱っているのは、日本では老舗『ハツコエンドウ』やウエディングのセレクトショップ『ザ・トリート・ドレッシング』などで販売されているそうです。

こちらのブランドはウェディングドレスのレンタル費用では1着60万円ほどが相場になるそうで。

それをオーダーメイドで購入するとなると300万円以上になるのではないでしょうか。

雅子さまが皇后になられてから、これからの衣装やドレスの変化が楽しみですね。

雅子さまのティアラのブランドと値段は?【即位祝賀パレード】

雅子様の「即位礼正殿の儀」ドレスの着こなしは?

毎回イベントでは雅子さまの服装についても着こなしやコーディネートに注目が集まっています。

様々な場面においてTPOに合ったドレスからスーツ、和服のコーディネートは女性としても非常に考える部分でもあります。

ましてや国家の天皇皇后として国民の象徴としてい続ける立場であるからこそ、なおのこと意識しなければなりません。

「即位礼正殿の儀」は全5日間ありましたが、そのうちの3日間の服装についてみていきたいと思います。

「即位礼正殿の儀」1日目

b53971183ef72973e31770cda6a599ac-e1572585572231.jpg

10月22日には、天皇陛下が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」ではどんな服装だったでしょうか?

こちらは、ご婚儀に際して雅子さまがお召しになったローブデコルテのデザインを思い起こさせるドレスでした。

フリルやレースを甘くなりすぎないように取り入れられるのは、雅子さまらしいスタイルの1つではないだろうか。

「即位礼正殿の儀」2日目お茶会

heikamasakosama_03_kunaicho.jpg

この日は赤坂御所で天皇皇后両陛下主催の茶会が開かれました。

「即位礼正殿の儀」に参列した国王や王族に感謝の気持ちをお伝えになるための茶会だそうで、この日の雅子さまは、上品なアイボリーのスーツでお出ましになりました。

初日とは打って変わって全く違った服装になっても、どちらかというとスーツ姿の雅子さまの方が見慣れている印象に感じました。

「即位礼正殿の儀」最終日

6a5851831b4d194450c58351a7251741-e1572585606737.jpg

最終回は皇居・宮殿で駐日外国大使夫妻や各界代表ら691人が参列して行われました。

雅子様は和服を披露されてましたが、立ち姿が美しい和装がひときわ輝かれていました。

さらに、光沢のある白ベースの着物は顔映えがよく、雅子さまの笑顔をより引き立てている印象を受けました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は雅子さまが即位祝賀パレードでどんな華やかなドレスを着られていたか調査しました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

雅子さまのティアラのブランドと値段は?【即位祝賀パレード】