井上尚弥 オシャレな自宅の場所はどこ?住所や家賃を調査!

スポーツ

先日のボクシングWBSS決勝でノニト・ドネア選手を破り優勝したプロボクサーの井上尚弥(いのうえなおや)選手。

その強さは海外でも高い評価を得て、今や世界的にも注目されています。

そんな大成功をしている井上尚弥選手ですが、気になるのはその年収や試合でのファイトマネーになります。

今回は彼の家族である奥さん(妻)と子供と一緒に住んでいる自宅について詳しく調べてきました。

さっそく記事本文でご紹介していきたいと思います。

井上尚弥の年収と試合でのファイトマネーは?

世界的に活躍するプロボクサーで最近で有名なのがメイウェザーとマニー・パッキャオの両者の試合の時のファイトマネーが凄かったですね。

この時のファイトマネーはmメイウェザーが約300億円で、パッキャオが約200億円と歴代最高を記録しました。

今回、井上尚弥選手が出場したWBSSではどれくらいの賞金やファイトマネーが出るのでしょうか?

WBSSとは、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの略称で、同じ階級の王者(4団体)と上位ランカーだけが参加できるトーナメントになります。

簡単に分かりやすくいうと、ドラゴンボールの天下一武道会のようなイメージになります。

現在の日本で世界王者が認められている団体は全部で4つあり、WBC・WBA・WBO・IBFの世界王者が存在しています。

この4つの団体の中でもWBSSは本当の世界王者の1人を決めようという趣旨のもとで開催されているものになります。

そうなると、賞金額も相当高いものと思われますがどれくらいになるのでしょうか?

今回のWBSSバンタム級1回戦で、ファン・カルロス・パヤノとの試合と、準決勝で、エマヌエル・ロドリゲスの2戦合計で1億円超えになったというそうです。

さらに、決勝戦のノニト・ドネアとのファイトマネーと賞金を合わせて1億円が獲得したので、今大会では総額で2億円もの賞金を獲得されたことになります。

これまで日本人世界王者の防衛戦ファイトマネーは2000万~3000万円が相場となっていましたが、やはりWBSSの世界王者となると金額の桁も断然違ってくることがわかりましたね。

なので、この大会だけでも井上尚弥選手の年収は2億円を超えていることが決定的となっています。

井上尚哉の父親がヤバイ!前科持ち、元ヤンキーで現在の仕事は?

井上尚弥のプロフィール

名前:井上尚弥 (いのうえ なおや)

生年月日:1993年4月10日

身長:163cm

血液型:A型

出身地:神奈川県座間市

井上尚弥の自宅の場所はどこ?

井上尚弥さんの所属するジムは大橋ボクシングジムで、横浜駅から徒歩約5分ほどの距離になるところに位置しています。

おそらくではありますが、出身が神奈川県であったことからも自宅もジムや、両親のいる座間市にもすぐに行ける距離にある所に住んでいると思われます。

その候補としては、横浜市、川崎市辺りが濃厚ではないでしょうか。

井上尚哉の自宅の家賃は?

こちらの自宅は3LDKで購入されたマンションになるそうです。

以前出演されたダウンタウンDXでは自宅の中を公開して高額な家具やペットなどの写真が出てました。

この自宅の購入費用ですが、横浜市や川崎市の中心地であれば5000万円以上である可能性が高いと思われます。

こちらで紹介されたソファは40万円もしたそうなので、他にも高額な家具やインテリアが揃っている可能性は高いと思われます。

さすがにWBSSで2億円のファイトマネーと賞金を得られている井上尚弥さんなら購入できる範囲ではありますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は井上尚弥さんの家族である奥さん(妻)と子供と一緒に住んでいる自宅について詳しく調べてきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

井上尚哉の父親がヤバイ!前科持ち、元ヤンキーで現在の仕事は?