【画像】国母和宏が逮捕!大麻はいつから?現在の仕事と家族を調査!

スポーツ

元冬期五輪スノーボード男子代表の国母和宏が大麻で逮捕されました。

国母和宏さんといえば会見で腰パン姿で「反省してま~す」と名言をはいた事でも有名ですよね。

今回は国母和宏さんの逮捕で大麻はいつからについてと、現在の仕事と家族について調査しました。

国母和宏は現在も反省なしで逮捕か?

元冬期五輪スノーボード男子代表の国母和宏について、大変残念なニュースが入ってきました。

2010年バンクーバーオリンピックでスノーボードのハーフパイプに出場した國母和宏容疑者が、大麻を密輸したとして厚生労働省麻薬取締部に逮捕されました。麻薬取締部が詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、スノーボード・ハーフパイプの元日本代表國母和宏容疑者(31)です。

厚生労働省麻薬取締部によりますと、國母容疑者は大麻を密輸したとして大麻取締法違反の疑いがもたれています。

捜査関係者によりますと、海外から大麻を持ち込んでいるという情報があり捜査を進めていたということです。
麻薬取締部が密輸の詳しいいきさつなどを調べています。

國母容疑者は2010年にカナダのバンクーバーで開かれた冬のオリンピックで、スノーボード・ハーフパイプに出場して8位に入賞し、その後は指導者やプロスノーボーダーとしても活動していました。

全日本スキー連盟によりますと國母容疑者は、ここ数年、連盟に選手としての登録をしておらず、プロスノーボーダーなどとしての活動に専念していたとみられるということです。

全日本スキー連盟は、「連盟の会員ではないが、かつてオリンピックに出場した選手でもあり、非常に残念だ。まずは事実確認を進め、今後の対応を考えたい」とコメントしています。

國母容疑者は、北海道出身の31歳。10代のころからスノーボードの国際大会で活躍し、オリンピックは男子ハーフパイプで2006年のトリノ大会と2010年のバンクーバー大会に2大会連続で出場し、バンクーバー大会では、8位に入賞しました。

その一方で、バンクーバーに到着した際、選手団の公式ウェアのネクタイを緩めたり、ワイシャツのすそをズボンの外に出したりして服装が乱れていたことが批判を受けました。

これをきっかけに全日本スキー連盟では、代表選手の行動の指針となる独自の行動規範を定めました。

バンクーバー大会のあとは、プロスノーボーダーとして活動する一方、コーチとしてオリンピック2大会連続銀メダルの平野歩夢選手などに指導もしていました。

今回の逮捕のニュースを受けてネットでの反応はどうだったでしょうか?

なかなか厳しい意見が多いようにも思われますね。

国母和宏(こくぼかずひろ)のプロフィール

名前:國母和宏(こくぼ かずひろ)
出身地:北海道石狩市
生年月日:1988年8月16日
身長:164cm
学歴:東海大学国際文化学部卒業
職業:プロスノーボーダー

日本では、バンクーバー五輪時に「腰パン騒動」でマスコミから袋叩きにされてましたね。

そんなマイナスイメージが強い國母和宏さんですが、国際的な実績を残し続けていた人物でもありました。

バンクーバー五輪こそ騒動の影響もあってか8位に終わった國母さんですが、2010年から2011年にかけてUSオープンを2連覇しています。

さらに、冬季X Gamesにおいては2度の表彰台に上がるなど、日本スノボ界のパイオニア的ポジションの人物です。

近年は、北海道に移住して競技者としてよりもスノーボードムービーの分野での活躍が目立っていました。

2016年にはアメリカの専門誌により、ライダー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、世界的な評価は高まる一方だったりします。

国母和宏の現在の仕事と家族は?

國母和宏さんは、2009年に3歳年上の一般女性である智恵さんと結婚しました。
現在はお子さんにも恵まれて、長男・一之介(かずのすけ)さんと2歳となる長女・六花(ろっか)さんの四人家族になります。
一家四人がが暮らしているのは、北海道の200坪の敷地に建てられたログハウスになります。

映像の仕事だけで年収数千万円にものぼるということで、これだけの豪華な生活ができるのもうなずけますね。

まとめ 国母和宏が逮捕!大麻はいつから?現在の仕事と家族を調査!

いかがだったでしょうか?

今回は国母和宏さんの逮捕で大麻はいつからについてと、現在の仕事と家族について調査しました。

最期まで読んでくださり、ありがとうございました。