首里城の火事はなぜ?放火の可能性と被害状況を調査!

社会

2019年10月31日、沖縄県那覇市にある首里城で火事があり、大規模な延焼が続いていることが大きな話題になっています。

火は正殿の近くの門や近所の民家にも広がっており、火事が起きた首里城では、首里城祭やその準備が行われていました。

世界遺産でもある首里城で、なぜ火災が起きたのでしょうか?

今回は、首里城の火事の原因や、放火の可能性と被害状況について調べていきたいと思います。

沖縄県・首里城で大規模の家事が発生!

沖縄県那覇市にある首里城で火災が起き、大規模な延焼が続いています。

31日未明、沖縄県の首里城の正殿などで火事があり、午前5時現在も延焼中。

那覇警察署などによると、31日午前2時40分頃、首里城を警備している会社から「煙が見える」と消防に通報があったという。

消防車14台が出動しているが、首里城の正殿、北殿、南殿が燃えていて、正殿は全焼し、2階の屋根が崩れ落ちた。火は正殿の近くの門や近所の民家にも広がっているという。なお、けが人の情報は入っていないという。

首里城では27日からイベントが行われていて、30日夜はその準備が行われていたが、何時まで人がいたかなど詳しいことはわかっていない

首里城はかつての琉球王国の王の住まい、兼行政機関の本部だったが、正殿は1945年の沖縄戦でアメリカ軍の攻撃によって消失し、現在の正殿は1992年に復元された木造の建物。首里城跡は、2000年に世界遺産に登録された。

世界遺産にも登録されている、歴史的ある首里城を失ってしまう地元民の悲しさは計りしれません。

首里城の火事はなぜ起きた?

首里城の火災の原因について調べてみたところ、放火の可能性があるとの声が上がっていました。

そんな首里城では、10月27日から11月3日にかけて「首里城祭」が行われていました。

イベント準備中に火事は起きた

火事が発生した夜もイベントの準備が行われていだそうで、「万国津梁の灯火」が行われる予定となっていたそうです。

世界平和を願って1万本以上のキャンドルが灯されるイベントで火災が起きた際にもイベントの準備が行われていたと言われます。

これだけ燃え広がっている中で作業していた方達はさぞかし、恐ろしい思いをしたと思います。

このキャンドルが、大規模に延焼した原因ではないかとも言われているようでした。

放火の可能性は?

首里城の火災が起きたのは、10月31日の午前2時40分頃でした。

・火災が起きた時間が深夜

・首里城には火の気がない

・燃え方が激しい

・鎮火に時間がかかっている

木材建築の首里城は燃え広がるのが速いこともありますが、上記の条件からしても放火が疑われているようです。

首里城の被害状況は?

首里城の火災では、出火場所は正殿付近とみられています。

その「正殿」は全焼し、さらに「北殿」、「南殿」も全焼しています。

さらに近隣の民家などの建物にも次々と燃え広がっているようで、現在も消火活動が行われていています。

まとめ

今回は、首里城の火事の原因と出火場所と放火の可能性についてまとめていきました。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

首里城の復元(再建)にかかる費用と期間を調査!火災の出火原因とは?