河川敷でタイマンした決闘が書類送検された理由は?容疑内容を徹底調査!

社会

東京都足立区の河川敷で、「タイマンしよう」と持ちかけ決闘を行ったとして、16歳の高校生2名が書類送検されました。

しかし、このタイマンには事前にSNSでお互いが明確なルールが決められていて、その内容から書類送検になるような事態だったのかと疑問に思う人も多いようでした。

そこで今回は、決闘が書類送検された理由と容疑内容を調査しました。

それでは早速見ていきましょう。

 

足立区の河川敷で決闘した少年が書類送検

河川敷でタイマンした決闘が書類送検された理由は?

16歳の少年らがタイマンを行った理由は、少年の1人が、もう1人の交際相手をバカにしたこと

をキッカケに、トラブルになったようした。

高校1年生の喧嘩としては、漫画やドラマのような展開のようにも思えますが、現代の高校生はどんな喧嘩になるのでしょうか。

そこで少年の1人が、SNSでタイマンを持ち掛け、決闘をすることにしたようです。

このタイマンでは以下のルールを取り決められていました。

「凶器を持っていないか持ち物検査をする」

「ギブアップするまでやる」

「ケガをしても被害届は出さない」

そして足立区の河川敷で行われた決闘ですが、通行人が目撃し通報しています。

警察官が駆け付け、書類送検となったようです。

容疑内容は決闘罪

今回16歳の少年2人が書類送検された内容は、決闘をした疑いから「決闘罪」という法律に該当するようでした。

「決闘罪」とはその言葉通り決闘を禁止するための法律になり、詳細は2人以上の人物が事前に日時、条件、場所などを約束して戦うことになります。

そのため約束を行わないケンカや、暴力とは違うので事件の内容としては異なるようです。

つまり事前にSNSでタイマンをする日時や条件、場所を決めていたことが書類送検の理由となったということになります。

しかし、素手通しでとはいえ喧嘩をするのにもこれほど話題になるのはネットいじめなど悪質なものに比べたら王道だという意見も出てきているようでした。

決闘罪の罪についてまとめてみました。

・決闘を挑んだも者・応じた者
『6カ月以上2年以下の懲役』

・決闘を行った者
『2年以上5年以下の懲役』

・決闘立会人・立ち合いを約束した者
『1カ月以上1年以下の懲役』

・決闘が行われることを知って場所を提供した者
『1カ月以上1年以下の懲役』

実際に決闘を行わなくても、決闘の約束をした時点で、決闘罪に当たるようですね。
これは高校生のSNSでのやりとりで裏付けがとられたのかもしれませんが、口頭でのやりとりだとしても同様になるようですね。

それにしても、決闘を行って『2年以上5年以下の懲役』というのは、突然相手を怪我させたりするのと罪の重さはそれほど変わらないように感じてしまうのはなぜでしょうか?

それもそのはずで、決闘罪は明治時代に制定されたものになります。
旧武士階級の果し合いを禁じる為の法律でした。
つまり、現在ではあまり活用されるような法律ではないようで、珍しい事例になるようです。

過去の決闘罪になった事件とは?

過去にも似たような事件はあったのか調べてみると2015年に岐阜県でも、22人の未成年に対して決闘容疑などで書類送検する事があったそうです。

その時に報道された内容は以下になります。

岐阜県警は9日までに、事前に申し合わせて集団でけんかをしたとして決闘容疑などで、県内に住む14~19歳の中学生や派遣社員ら少年22人を書類送検した。「蹴りはなし」「髪の毛はつかまない」「凶器は使わない」と事前にルールを決め、守っていたという。

書類送検容疑は8月17日午後2時ごろ、同県可児市内の広場で2つのグループに分かれ、約10分間にわたって素手で殴り合った疑い。乱闘に参加していた1人が怖くなって110番した。

県警によると、決闘したのは可児市内の中学生を中心とするグループと、外国籍の少年らのグループ。8月上旬、男子中学生の1人が、外国籍のグループの少年に決闘を申し込んだことがきっかけとなった。2人は無料通信アプリ「LINE」で詳細を決め、仲間を集めたという。

こちらも、凶器や悪質な暴力は禁止し、「素手のみ」と条件を決めて決闘を行ったようです。
いわゆる漫画やドラマのような展開は、実際に行うとなると法律に反する事になるので、暴力なく対話していく事が必要だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、決闘が書類送検された理由と容疑内容を調査しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。