【画像】山口真帆がスポニチにされた捏造報道とは?写真会の襲撃男とのツーショットを調査!

芸能

元NGT山口真帆と襲撃男のツーショットがスポニチで写真が公開されました。

これを受けて本人がツイッターで写真捏造と批判している事が話題になっていました。

そこで今回は山口真帆がスポニチにされた捏造報道についてと、写真会の襲撃男とのツーショットを調査しました。

それでは早速見ていきましょう。

元NGT山口真帆と襲撃男ツーショットをスポニチが公開

元NGT山口真帆と襲撃男のツーショットがスポニチで写真が公開されました。

まずは、その記事について見ていきましょう。

NGT48の元メンバー山口真帆(24)への暴行事件で、不起訴となった襲撃グループの主犯格とされた男性と山口が、2人で仲良くポーズを取っている衝撃写真2枚を29日、スポニチ本紙が独占入手した。2人が一緒に指でかたどる謎の数字は「602」と「303」。この数字が示す答えは、これまで報道されてきた事件の真相を一変させることになりそうだ。

入手した写真は2枚。本紙の取材では、いずれも20174月に千葉・幕張メッセで開催されたNGTの写真イベントで撮影されたもの。一見すると、アイドルとファンのよくあるツーショットだが、実は2人が仲良く指でかたどった3桁の数字には驚くべき意味が隠されていた。

1枚目から読み取れるのは「602」。これは男性がイベントの約1カ月前、山口と同じ新潟市内のマンションに借りた部屋の番号。そして、2枚目の「303」。これは事件現場となった山口の部屋番号だ。

加害者と被害者が同じマンションの互いの部屋番号を仲良く隠語のように示し、しかもその意味は2人しか知らない秘密のポーズ。これは一体、何を意味するのか。

山口が今年1月、事件を動画で告白した際、背景には他のメンバーによる男性ファンとの私的交流があると涙ながらに糾弾した。だが、今回入手した写真では、山口は同じマンションに住む男性ファンの部屋番号を知っており、自分の部屋番号も伝えていたことになる。しかも、この男性ファンが自分の部屋番号を認識していることも承知した上で秘密のポーズで撮影しており、同じマンション内で2人の私的交流があったことをうかがわせる写真だ。

そうなると、事件の真相は一変する。「あるメンバーが私の自宅を犯人に教えた」と山口は言っていたが、襲撃グループの主犯格とされた男性は約2年前から自宅を知っていたことになる。事件は「ファンの暴走」である一方で「私的交流があったアイドルとファンのトラブル」という側面が浮き彫りになった。山口が事件後すぐに警察に通報せず、近くの公園でこの男性らと長時間いた不可解な行動もこれなら理解できる。

事件発覚から間もなく10カ月。地元新潟のファンからは「モヤモヤしたままでは応援できない。全容が明らかにならないと」との声が根強い。信頼回復に向け、NGTの運営会社をはじめ当事者たちのより一層の説明が求められている。

関係性示す証拠写真は捏造だった?

まず疑問に思うのは山口真帆が襲われたのは向かいの部屋から出てきた犯人のはずなのに、なぜ部屋番号303で、犯人の部屋が602なのだろうかと思ってしまいました。

これは犯人が向かいの部屋に入る前に一旦マンション内の別フロアに居住していたという話もあったので、それを裏付けるものかもしれないといす推察であろう。

次に、このツーショット写真は誰でも分かる通り、握手会でのイベントでのチェキである。

イベントでは、アイドルにファンの指定のポーズを取ってもらうことが可能なので、山口真帆が意図して部屋番号のポーズを取っていたと言う事にはならないはずだ。

そのため、スポニチが写真の意図をこじつけただけの写真捏造として記事にした可能性は高いと思われる。

山口真帆がツイッターで記事を否定

この写真に対して本人もスポニチの記事に対して声明を出していました。

これを受けてネット上での反応をまとめてみました。

まだ表に出ていない音声などもあるようなので、せっかく収まりかけていた騒動に再度火をつける事になるかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は山口真帆がスポニチにされた捏造報道についてと、写真会の襲撃男とのツーショットを調査しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。