徳井義実の脱税はADHDが原因だった!発達障害の症状と特徴について調査

芸能

お笑い芸人チュートリアル・徳井義実さんに1億2000万円の所得隠しと申告漏れがあったという事が話題になっていました。

徳井義実さんは個人の会社「株式会社チューリップ」を設立しており、3年間収入を全く申告していない期間があり徳井さんに対し約1億円の申告漏れがあったことが発覚しています。

この件で謝罪会見をした後に社会保険も支払っていなかったことが明らかになり今後の活動自粛を発表しました。

今回は徳井義実が脱税脱税はADHDが原因だったのかと、発達障害の症状と特徴について調査しました。

それでは早速見ていきましょう。

チュートリアル徳井義実の脱税騒動で活動自粛を発表

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(44)の個人会社「チューリップ」が東京国税局に計約1億2千万円の申告漏れを指摘された問題で、徳井さんが所属する吉本興業は26日、徳井さんが当面の間、芸能活動を自粛すると発表した。本人が事務所に申し入れたという。

徳井さんは「世間の皆様に不信感を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております」とのコメントを出した。

徳井義実さんの脱税金額は以下の通りになります。

相当なペナルティも加えての金額になりますが一括で追加重税を支払ったそうです。

ここ最近の吉本興業では芸人の問題になるニュースが絶えないのが大変残念に思います。

 

徳井義実の個人事務所「チューリップ」は2016年から2018年までの3年間収入を全く申告していなかった

約1億1,800万円

2012年から2015年までの4年間は個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として申告していた

約2,000万円

新たな問題点

2018年末だけでなく、数年前にも国税局から所得の無申告を指摘されていた

10月23日に徳井義実の税金申告漏れの報道があったあとに、所属する吉本興業大阪支店で緊急会見を開きました。

このたびは、私のだらしなさ、怠慢によりまして、納税をすることができず、ちゃんと税金を納めていらっしゃる国民のみなさまに対して、多大なるご迷惑、多大なる不快感を与えてしまったこと、本当にすいませんでした。

この謝罪とともに、税金の申告漏れが起こった経緯についても囲み取材にて詳しく説明されています。

16年、17年、18年は申告していなかったのは事実です。

税理士さんのほうから「決算の時期に申告しなければいけない」と連絡が来ましたが、納税の作業をやりますねと言いながら、一般の社会人として、考えられないようなことだったと思います。

ホントにだらしないルーズなところがあった。

「やります、やります」と言いながら、明日しようとか、銀行に行って通帳に記帳する作業とかを明日にしようと先延ばししていた。

のびのびになり、来年にまとめて申告しようとなった。

想像を絶するだらしなさで、3年がたってしまった。

国税の方にも納税に対する感覚が甘くて、意識が低いことを正直にお話しした。

適正な税金の額を提示され、お支払いしました。

このように30分以上に渡り、徳井義実は今回の出来事に対して会見を行いました。

しかし、なぜ徳井義実が税金申告漏れをしてしまったのか疑問に思った人たちも少なかったかと思います。

この申告漏れの理由も本人が説明していますが、本当に怠惰であったからなのでしょうか?

税理士からの催促があったにもかかわらず、3年間にも渡り無申告の状態を続けていたわけですし、私用目的で使った費用を経費として申告していたということからわかるように、国税局への申告自体はしていたということですから、なぜ突然2015年以降は怠惰になってしまったのか気になりますね。

徳井義実の症状はADHDの特徴があった

これらの「記憶にない」といった言動などから、税理士に言われてからも納税をしなかったことから徳井義実の症状はADHDの特徴があったのではないかとネット上では憶測が広がっています。

ADHDは、注意欠陥・多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)といった症状が見られる障害です。ADHDは、これらの要素の現れ方の傾向は、「不注意優勢に存在」「多動・衝動優勢に存在」「混合して存在」というように人によって異なります。

ADHDのあるお子さまは、その特性により授業中、集中することが難しかったり、忘れ物が多いなどがあり、叱られることが多くなりがちです。叱られることが増えていくと、自信を失い、追い詰められてしまうということもあるので、お子さまの特性を理解し接することが大切です。

実際には徳井義実さんには、これまでにADHDを思わせる様な言動や発言などはあったのでしょうか?

ネットの反応をまとめてみました。

徳井義実のADHDを思わせる発言とは?

ここで、ツイッターで流れている徳井さんがADHDでしょ?と思わせる数々の過去の言動を見てみたいと思います。

-ネットで確認された徳井義実さんのエピソードになります

小銭をうまく使うことができず、自宅には小銭が大量。

郵便ポストを確認しない。請求書がそのままで支払いが遅延。

TSUTAYAでレンタルしたDVDを放置。後に高額の延滞料金を支払うことに。

公共料金の請求を放置。そのため水道・電気・ガスが全てストップ。

相方であるチュートリアル福田充徳さんからコンビ結成を打診されるものの、返事を3年間もの間保留。

せっかく入学した大学でほとんど授業に参加せずに退学。在学中の4年間に取得した単位はわずか2単位。

なんとも凄いエピソードの数々です。ADHDの項目を確認すると

指示に従えず、業務をやり遂げることが出来ない

日々の活動の中で忘れっぽい

このあたりが当てはまっているように思えます。

先にも述べましたとおり、これらのエピソードの真偽は不明であり、仮に事実だとしてもADHDであると断定はできませんでした。

ただ個人的にはADHDの症状や特徴に近い可能性あると思われました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は徳井義実が脱税脱税はADHDが原因だったのかと、発達障害の症状と特徴について調査しました。

最期まで読んでくださり、ありがとうございました。

徳井義実の脱税でテラスハウスの代役は誰?出演番組降板する可能性について調査!

徳井義実が脱税した理由!申告漏れは意図的であった?