道端アンジェリカが恫喝で逮捕されない理由はなぜ?夫も不起訴になった真相を調査!

芸能

モデルの道端アンジェリカさんは警視庁に脅迫の疑いで逮捕された夫と共謀し、知人の男性から現金35万円を脅し取った疑いで書類送検されていました。

東京地検は25日付で道端さんと夫を不起訴処分にしましたが不起訴の理由は明らかにしていませんんでした。

今回は道端アンジェリカが恫喝で逮捕されない理由と、夫も不起訴になった真相を調査しました。

それでは早速見ていきましょう。

道端アンジェリカ夫妻が不起訴

事件の経緯は以下の通りになります。

8月7日、キム容疑者は道端と2人で40代の会社経営者の職場に押し掛け、恫喝。事務所を後にしてからLINEで、「とりあえず今夜までに金を口座に振り込め」と指示し、銀行口座に35万円を振り込ませた。

「キム容疑者は代官山でバーを経営していて、会社経営者も頻繁に店に顔を出していた。バーは50人は入れる広い店で個室もあった。会社経営者は道端が10代のころから付き合いがある元カレではないかという話もあり、道端が店の中で親しそうにしているのをキムが目撃し、激高した。それで『人の女に手を出しやがって』『落とし前をつけろ』ということになったみたいです。そういういきさつだったため、道端からも事情を聴いています」

被害を受けた男性からすれば残念な事でありますが、これに対しての謝罪や反省する態度であったのかは定かではありません。

道端アンジェリカさんも活動休止の発表をしましたが、子育てを理由に口実だけは大したもんだと世間でも話題になっていました。

道端アンジェリカが恫喝で逮捕されない理由は?

こういった経緯であったのですが、取り調べや事実確認をしただけでは証拠不十分であったという事でした。

証言だけでは立証できないという事であったので、やはり音声や動画などで証拠を押さえておかなかった事が起訴に繋がらなかった可能性が高いと思われます。

道端アンジェリカの夫が起訴猶予の理由は?

キム容疑者はかなり激高していたのは事実なようで「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる。嘘をついたら鉛筆で目を刺す。人生やり直しだな」という言葉を出すほどですから、周囲にいる人物からすれば関わりたくないですよね。

今後も同じような事が起こりそうな予感もしますが、しばらくはおとなしくしているかもしれませんね。

ネット上での世間の評判もまとめてみました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は道端アンジェリカが恫喝で逮捕されない理由と、夫も不起訴になった真相を調査しました。

最後まで読んでくださりありがとうございましただけでは