徳井義実が脱税した理由!申告漏れは意図的であった?

芸能

お笑い芸人チュートリアル・徳井義実さんに1億2000万円の所得隠しと申告漏れがあったという事が話題になっています。

徳井義実さんは個人の会社「株式会社チューリップ」を設立しており、3年間収入を全く申告していない期間があり徳井さんに対し約1億円の申告漏れがあったことが発覚しました。

 

この件で今後の活動にどのような影響があるのでしょうか。

今回は徳井義実が脱税した理由についてと、申告漏れは意図的だったのかについて調査しました。

チュートリアル徳井義実の会社が脱税発覚

笑いコンビ 「チュートリアル」の徳井義実(44)さんが設立した会社が、東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことがFNNの取材でわかった。

関係者によると 徳井さんは、所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていたが、2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していた。

東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘した。 また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、徳井さんに対し約1億円の申告漏れを指摘した。重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円にのぼるとみられる。 徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている。

これに対してネット上では批判の声があがっていました。

また本人は会社を設立までしていたのにも関わらず、申告漏れになるような事は本当に起こり得るのでしょうか?

さすがに億単位の売上、収益がある場合は税理士を雇ってお金の管理や申告は行えているはずです。

徳井義実が脱税した理由は?

徳井さんは、バラエティ番組を始め様々なメディアに出演しています。

また顔立ちの良さやルックスが良いことからモデルとしても活躍しています。

今回の件で、番組降板、引退という事態が発生するのかは本人、事務所の判断に委ねられるのでしょうか?

 

徳井さんの所属する吉本興業は、

『事実関係を確認している』ということでした。

 

おそらくイメージ低下に伴うスポンサー離れなど、今後の出演するイベントやテレビ出演のスケジュールなど取り消される可能性も高いのかと思われます。

徳井義実の会社の申告漏れは意図的だった?

関係者は今回のケースについて「納税意識が欠如していると言わざるを得ない」と厳しい見方を示していたそうです。

さすがに1億円以上の金額の納税忘れは言い逃れができないレベルだとおもいます。

今回の事例で調べてみた所、

現在の所得税の税率は最大45%、一方、法人税の税率は約半分の23.2%であることからタレントやスポーツ選手らは個人事業主として受け取った出演料などを確定申告するより、自分の会社の収入にして会社から給与として受け取った方が税制上のメリットがあるといわれている。

このこと自体は問題ではないが、今回のケースでは会社から法人税の申告はされておらず、一部を個人の旅行代金などに経費として計上していたことや、指摘された1億2000万円の所得隠しと無申告は実に7年間に渡っていて、国民の義務を果たさず、納税を軽視した事案といえる。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は徳井義実が脱税した理由についてと、申告漏れは意図的だったのかについて調査しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

徳井義実の脱税でテラスハウスの代役は誰?出演番組降板する可能性について調査!

徳井義実の脱税はADHDが原因だった!発達障害の症状と特徴について調査

徳井義実はADHD(発達障害)だった?

【追記10月27日】

チュートリアルの徳井義実さんの脱税問題で、ある説が濃厚ではないかと話題になり始めています。

それは、発達障害の一つである注意欠陥多動性障害ADHDではないかというものです。

過去のエピソードから振り返ってみても信じられないほど変わったものも多かったようです。

 

徳井さんの、この考えられないミスをネットでは「ADHDあるある」として納得する人たちが現れています。


ADHDとは、注意欠陥多動性障害という発達障害の一つで具体的にどんな症状があるかというと以下の通りになります。

 

不注意優勢に存在

「不注意」の特徴が最も強く現れるタイプです。授業中に集中し続けることが難しい、忘れ物が多い、外からの刺激などですぐに気がそれてしまうなどの特徴があります。一方で、自分の好きなことについて考えたり取り組んだりしていると、話しかけられても気づかず、周囲の人に「無視された」と誤解されることもあります。

 

多動・衝動優勢に存在

「多動性および衝動性」が強く現れるタイプです。動いていないと気分的に落ち着かないだけでなく、ただ無意識のうちに身体が動いてしまう、感情や欲求のコントロールが苦手などの特徴があります。授業中でも立ち歩く、指名されていないのに答えてしまう、などの特徴から、集団生活で落ち着きのなさについて指摘されることも多いかもしれません。

 

混合して存在

「不注意」と「多動性および衝動性」の特徴をともに満たしているタイプです。どの特徴が特に強く出るかは人によって異なります。

徳井さんの場合、この「不注意」に当たる部分がそれではないかと言われています。

さすがに本人も活動を自粛すると発表されていましたが、今後の動向が気になります。