西田敏行が降板の理由を徹底調査!ナイトスクープに出られなくなった現在の病気とは?

芸能

俳優の西田敏行さんが「探偵ナイトスクープ」で突然の降板が報じられ世間の注目を集めています。

一体、降板の理由は何だったのでしょうか?

今回は西田敏行がナイトスクープを降板した理由と、現在の病気について調査しました。

それでは早速みていきましょう。

探偵ナイトスクープを西田敏行が降板

西田さんの降板について「デイリースポーツ」は次のように報じています。

俳優・西田敏行(71)が、局長として出演する朝日放送テレビ「探偵ナイトスクープ」(金曜、後11・17)の18日放送回で、11月22日を最後に降板することを発表した。2001年から関西の名物番組の顔を務めた西田局長の決断。SNSではショックの声があふれるとともに、早くも後任予想で多くの名前が挙がった。

西田はこの日の放送のラストで、間寛平、石田靖ら神妙な表情の探偵陣に囲まれて登場。「2001年の1月から約19年間務めて参りました『探偵!ナイトスクープ』局長の職を、11月22日の放送を持って辞したいという風に考えております」と公表した。

「なぜこの考えに至ったかは、11月22日の放送に詳しく申し上げたいと思います。ともかく、明るく楽しく幸せな時間をありがとうございました。これだけは申し上げておきたいと思います」と述べた。

西田が最後に出演する11月22日放送分は、近く収録が行われる予定という。

同番組は1988年3月にスタートし、西田は01年1月26日放送回から局長に就任。前局長の上岡龍太郎さんの在任時期を超える約900回以上に出演した。

8月30日の収録では「この番組は表現者としての道を歩いている時に、出くわしたオアシスのような番組」としながらも「上岡局長より長くなっている。いろいろ変化していかなきゃならないし、探偵局も入れ変わっている。そういう時期も来るんじゃないのかなあ」と、自身の降板時期についても言及していた。

このように西田敏行さんは2019年11月22日の放送をもって番組を去ることが決定しました。

しかし局長退任の理由ははっきりとされておらず、真相はどうなっているのでしょうか?

西田敏行が降板の理由は?

降板の理由は11月22日の放送で明かされますが、ネット上では病気の可能性が指摘されていました。

実は、西田さんはかねてより体調不良が心配されており、一部の報道では「歩けない状態」とまで報じられていたのです。

西田敏行は1947年11月生まれの72歳にもなる高齢隣、以前から健康面が心配されておりました。

2001年には頸椎が圧迫されて手足のしびれる頸椎性脊髄症の手術のために入院。

2003年には心筋梗塞で緊急入院。2016年2月にはベッドから転落し頸椎亜脱臼。

この治療のため、4月には移植手術。手術をした跡に胆嚢炎を発症して胆のう摘出手術。

実際に2019年8月21日の「任侠学園」のPV公開イベントでは西田敏行は歩く時に杖をついていたとの目撃情報がありました。

実はこの事について西田敏行の嫁が「少し膝を痛めている」とコメントしていました。

ネット・世間の反応は?

ナイトスクープ後任は上沼恵美子・松本人志

西田さんの後任について「デイリースポーツ」は次のように報じています。

「西田局長の後任は上沼恵美子やろ」

「新局長はダウンタウン松本さんだといいな」

「三代目は誰だろうな…松本人志さんかなぁ…、でも阪神ファンが条件だから、ここは思いきって渡辺謙さんと予想」

「西田局長の次は松本人志局長かな?」

「関西ローカルでは無双感ある円広志?路線継承な感じで、きよし師匠?関西ローカルの露出も増えてきた松ちゃん、鶴瓶師匠、はたまたいっそ女性起用で、上沼恵美子、藤山直美??」

 

「上沼さんやったら大喜び!松ちゃんでも大喜び!逆に他に出来る人いるんかな?」

ちなみに松本は3年前の出演時に「別に局長を狙ってるわけではありません」と話していた。

ほかに桂小枝、島田紳助さん、トミーズ雅、村上ショージ、出川哲朗などの名前もあった。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は西田敏行がナイトスクープを降板した理由と、現在の病気について調査しました。

最期まで読んでくださり、ありがとうございました。