マツコが東京都現代美術館で買ったお土産は?寄ったカフェのお店は?【夜の巷を徘徊する】

芸能

東京・清澄白河の東京都現代美術館が3月29日にリニューアルオープンを迎えました。

開館から20年を経て2016年から約3年間にわたって休館していた東京都現代美術館が夜の巷を徘徊するで紹介されます。

今回はマツコさんが買ったであろうお土産と、ミュージアムショップについてまとめました。

では、ご覧ください。

新しくなった東京都現代美術館とは?

おおよそ3年間にわたって改修された美術館とホームページはどんな感じになっているのでしょうか?

詳しくまとめている文章があったのでこちらを参照しでください。

引用文書

2016年5月から約3年にわたる改修休館を経て、今年3月29日にリニューアル・オープンを迎える東京都現代美術館。今回の改修では何が変わるのか? その詳細が明らかにされた。

今回の改修は、主にインフラ部分と施設部分に分けられる。インフラ部分では各種設備機器が更新。照明がLED化されたほか、館内の床・壁・天井の内装が全面的に更新され、天井は耐震化も施された。加えて、展示室内エレベーターの増設や多目的トイレの拡充を実施。館内外のサインもリニューアルされ、サイン什器はスキーマ建築計画の長坂常、サイン計画は色部デザイン研究所の色部義昭が担当している。

館内イメージ

施設部分では、美術図書室の什器デザインやレイアウトが一新。映像資料が閲覧できる「メディアブース」と子供が楽しめる書籍を揃えるコーナーが拡充し、「こどもとしょしつ」が新設される。

また、カフェやレストランもリニューアル。遠山正道が代表を務めるスマイルズが運営する「二階のサンドイッチ」と「100本のスプーン」が出店する。

引用 美術手帖

以前とリニューアル後の違いは?

もともと東京都現代美術館では約5200 点の作品を収蔵していました。

これだけの作品数を所持している美術館も日本では数少ないのではないでしょうか?

その美術品の範囲に至っては戦後美術を中心に、近代から現代に至る幅広いジャンルに及んでいるそうです。

この3年の休館中に更に300点の作品が新たに加わり、リニューアル・オープンを記念したコレクション展では、新収蔵作品を中心に展示されるそうです。

昔との違いに対してのコメントもありました。

マツコが買ったお土産は?

ミュージアムショップ「NADiff contemporary」にマツコさんは寄ったと思われます。

こちらは現代アートの関連書籍をはじめ、アーティストグッズ、展覧会図録などを販売しています。

他の番組でも美術品や絵画に対して興味を示されていたようなので、こちらでも気になった商品は手に取られたり購入されたものと思われます。

また、レストラン「100本のスプーン」とカフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」の2つの飲食店にも立ち寄ったのではないかと思われます。

「100本のスプーン」ではほぼ全てのメニューにフルサイズとハーフサイズを用意しており、マツコさんであればフルサイズで召し上がったのではないでしょうか?

メニューはこちらになります。

旬の食材を使ったレストランのシェフが考案した料理をパンに挟んだサンドイッチや、オリジナルドリンクなどを片手にアート鑑賞の余韻に浸れるので、一息つくにはもってこいの場所になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は東京都現代美術館で夜の巷を徘徊するでマツコさんに紹介されたお土産や展示品、ミュージアムショップについてまとめました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。