江畑秀範がテコンドー協会からされた報復とは?金原会長の発言まとめ!

スポーツ

東京五輪代表候補選手の合宿ボイコット騒動が発端となった全日本テコンドー協会と選手側の直接対決が注目されていました。

選手側で声を実名であげた江畑秀範テコンドー協会からはどのような要求をされたのでしょうか?

見た目も怖いテコンドー金原会長の発言についてもまとめていきたいと思います。

早速見ていきましょう。

江畑秀範選手のプロフィール

名前:江畑秀範(えばたひでのり)

生年月日:1992年8月8日

年齢:27歳

身長:197cm

体重:80kg

出身:大阪府泉大津市

所属先:スチールエンジ

江畑秀範選手がテコンドーを始めたきっかけは、高校の時に近くにテコンドー道場があったことで参加してみて、その足技に魅了されて事からテコンドーの道に進むようになったそうです。

そしてなんと7年連続全国優勝という記録を達成しており、自信を持ってオリンピックを目指すようになったそうです。

ここまで強ければ日本で一番強いテコンドー選手といっても過言ではないかと思われます。

それと日本人離れした身長197cmという体格も持って生まれた才能なのではないでしょうか。

テコンドー協会への実名証言の内容とは?

テコンドー協会のからは以下のような説明で合宿の費用を自己負担させようとしていたとのことです。

「お前らにこんだけお金がかかってるんだぞ。お前らが勝たなければ国はお前らに金を出さないから、つらい、しんどいのはお前らの方だぞとか。試合前にすごくお金の話されることが一番つらかったですね」

「岐阜で3泊4日で4万円、韓国合宿4泊5日で10万円」など自己負担がある。昨年は自己負担額が年間約100万円。合宿は義務で「参加できないなら『強化選手から外します』と言われた」。金銭的な理由で常に数人が不参加だが「お金がなくて合宿に参加できないなんてあり得ない、そんな高いお金じゃないだろと電話で言われました」「競技に集中できる、練習環境をちゃんと作ってほしい」

これは本当にオリンピックに出る選手の現実なのか、全く選手への尊重を踏みにじるような表現内容に思われますよね。

練習以外にも仕事をしていますが、それはテコンドーの経費などで殆ど残らなかったりする中で、この現状を理解してて協会側はやりとりしてたのでしょうか?

それ以外にもコーチを協会主導であてがわれる問題もあり、合宿では自身の専属コーチからの指導を受けられなかったと話されていました。

これでは選手からの信頼を得られないことは当たり前のように思えました。

テコンドーからの対応は?

テコンドー協会が行う強化合宿に大半の選手が不参加を表明ということで、当初は20名以上の選手を招集してやる合宿でしたが参加するのは2名だけどなりました。

それでも合宿するというのは驚きですよね、この騒動のほったんに合宿にはお金が掛かるというのと、代表コーチの強引な指導というのに選手は不満があると言うことが挙げられていました。

協会の一方的な言い分はやはり許せる物ではありませので、きちんと選手と協会が話し合って改善してほしいと思います。

金原昇会長の発言は?

今回、江畑選手からの告発を事実無根と否定したテコンドー協会の会長金原昇会長について簡単に紹介します。

金原会長は今回の報復報道を「事実無根」と否定しています。

そして、一部の報道では反社会勢力との関わりの疑いも持たれているので、もしこれが事実だとすればかなり問題ではないでしょうか?

全日本テコンドー協会の金原昇会長の反社会的勢力とのつながりが一部で報じられたことに関し、同協会でアスリート委員長を務める高橋美穂理事は1日、協会のコンプライアンス委員会に調査を依頼し、9月30日に受理されたことを明らかにした。事実が認定されれば、規定で注意から解任まで4段階の処分が科される。1日に東京都内で選手との協議会に出席した金原会長は、反社会的勢力とのつながりについて「関係ございません」と答えた。(参照:ヤフーニュース)

江畑秀範がテコンドー協会からされた報復と金原会長の発言まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はテコンドー協会と選手側の騒動で実名で声をあげた江畑秀範テコンドー協会からされた要求についてと、テコンドー金原会長の発言についてもまとめていきました。

これからのいち早い改善を期待したいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

テコンドー会長の不祥事まとめ!江畑選手の協会私物化の証言とは?