亀田隆明の経歴と年収について!性格や家族なども調査【カンブリア宮殿】

芸能

こんにちは!

今回はカンブリア宮殿に出る亀田隆明さんの経歴や年収、家族についてなど気になったので調べてみました。

千葉県鴨川市にある亀田総合病院の理事長として、黒字転換出来た経営しているという事でも話題にもなってますね。

早速みていきましょう!

亀田隆明のプロフィール

 

 4人兄弟の次男として生まれています。

生年月日昭和27828

昭和505月医療法人鉄蕉会理事就任

昭和533月日本医科大学医学部卒業

昭和584月亀田総合病院心臓血管外科医として勤務

昭和603月医療法人鉄蕉会副理事長就任

平成164

国立大学法人東京医科歯科大学理事(医療担当)就任

平成206

医療法人鉄蕉会理事長就任

亀田隆明さんは1987に亀田産業社長、翌年には亀田開発を設立して社長となり、20086月より亀田病院理事長を務めている。

三男と四男は双生児であり、三男・亀田信介は現在の病院長、四男・亀田省吾は亀田クリニック院長であるそうです。

経歴と年収について

房総半島の南東部、千葉県鴨川市。高齢化と人口減少が進行し、2030年には高齢化率が43.7%に達すると見込まれる人口34千人の地方都市だ。

その海岸沿いに亀田総合病院を中核とする亀田メディカルセンターがあります。

東京都心から2時間強かけて高速バスや特急電車で来院する人が多いというから不思議です。

アクセスが悪いにも関わらず、むしろ健康体でも、かなりの疲労を感じる距離である。

それにもかかわらず、連日3,000人もの外来患者が、地元はもとより国内外から詰めかける。

全国の国公立病院の約6割、私立の約4割が赤字経営を余儀なくされ、破綻・廃業へと追い込まれるところが跡を絶たない中、ここは、黒字経営が続いているそうだ。

売り上げで350億ほど上げており、かなり年収も取られていることが予想されます。

家族について

現在の亀田メディカルセンターがあるのは、地域的特殊性ゆえで、他の病院には出来ないことを次々にやっていかない限り生き残れない、チャレンジし続「他ではあり得ない」快適性が多々実現されている。

全室個室で、大きな窓からは房総の海が一望できたり、温水便座付トイレ、シャワー、エアコン、冷蔵庫が完備し、ベッドサイドのタッチパネルを操作すれば、朝・昼・晩の食事メニューを自由に選択できる。

しかも、最上階の展望レストランから、好きなメニューをルームサービスとして注文することもできるなど、かなりのボリュームある内容だ。

こういった人気ある病院を経営しているわけなので、家族との時間もゆっくり取れているかは難しいと思われます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は亀田隆明の経歴と年収について!性格や家族などについて調べてみました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。