堀川りょうの経歴と年収について!【有吉反省会】

芸能

声優の堀川りょうさんが有吉反省会に出演されます。ドラゴンボールのベジータや名探偵コナンの服部平次を演じられてきた彼の経歴と年収について調べてみました。

早速みていきましょう。

プロフィール

本  名:堀川亮(ほりかわまこと)

生年月日:195821

出身地 :大阪府

血液型 :O

職  業:声優、俳優、ナレーター、インターナショナル・メディア学院学院長

事務所 :アズリードカンパニー

経歴について

195821日生まれの現在61歳です。

小学生のうちにはすでに子役として活躍していましたそうです。

198426歳の頃に夢戦士ウィングマンの主人公広野健太で声優デビューを果たしました。

デビュー以来は、なぜか中性的な少年を演じることが多く、ドラゴンボールのベジータを機に名探偵コナンの服部平次をはじめとする、主人公のライバル役を演じる機会が増えたそうです。

青二プロダクションからアーク・ライツと所属を変え、現在はアズリードカンパニーの代表取締役になっています。

さすがに日本トップクラスの声優ともなると、追付いしたくなる人達も人気キャラを演じられた事務所に行ってみたいなどと思うかもしれないですね。そう言った意味でも目標となる人が事務所の代表となるのは、色んな役作りのアドバイスなども教わりたいと言った意味では理想的な環境を提供してくれているのかもしれません。

また、青二プロダクションに所属していたころには堀川亮と漢字で活動していたのですが、200143日より現在の堀川りょうと改名しています。

これは、よりファンや一般的な人にも親しみを持ってもらい覚えやすくする意味でもいい改名だったのかもしれませんね。

インターナショナル・メディア学院で学院長も務め、声優育成にも尽力しています。

年収について

ドラゴンボールで長年ベジータ役を長くつとめていたり、有名アニメでも随所に活躍されていた堀川りょうさんの年収はいくらなのでしょうか?

そもそも声優業界の始めの給料は一本あたり5000円から15000程になるそうです。

それからピラミッド形式で単価が上がっていくのですが、日本のトップクラスにいる声優陣は金額に上限はないようで、最高で1億円以上も稼いでいる声優さんもいるそうです。

堀川りょうさんも声優陣の中でも上位に入るほどの単価で請け負っており、年収は3,000万円程になるそうです。

現在でも数多くの作品に出演している傍で、インターナショナル・メディア学院を立ち上げてもいるので、相乗効果で給料も上がり続けているように思われます。

アニメ声優の代表作

  • ドラゴンボールシリーズ(ベジータ)
  • 名探偵コナン(服部平次)
  • 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(コウ・ウラキ)
  • 幽☆遊☆白☆書(鴉)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(キャプテン・ファルコン)

この堀川りょうさんの5大代表作を見ると、作品の主役というよりは主人公の好敵手やライバル役を演じる機会が多い感じがしますね。

この当時のアニメを見ていた世代の方は、現在でも活躍し続けている堀川りょうさんの声にはすっかりと親しみを持てているのではないでしょうか?

テレビでこの声を聞くたびに当時のアニメを思い出せたりするので、まだまだ新しい作品でに出演されるのが楽しみですね。

しかし、演じる役の年齢が高校生から40代までと幅広い声を使い分けているあたりはさすがの経験力と本人の努力の賜物だと思われます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は声優の堀川りょうさんの経歴と年収について調べてみました。

これまで人気アニメの声優として、大勢の方が元気付けられたと思います。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。