二宮涼太郎の性格と資産について!経歴もすごい!【坂上&指原のつぶれない店】

芸能

 

こんにちは!

坂上&指原のつぶれない店にオッケーの二宮涼太郎社長が出演されることが決定しました!

今回はオッケーが潰れないお店として経営する二宮涼太郎さんの性格と資産、経歴について気になったので調べてみました。

早速みていきましょう!

スーパーオッケーとは?

オーケーといえば、激安スーパーとして有名なうえに、旬が過ぎているので味が落ちてますなどのお店に不利な情報も正直に公開することで知られています。こういった取り組みを始めたのは最近のように思えますが、実は2016年から就任した二宮涼太郎さんの手腕によって、打ち出されて行ったとのことです。

これを契機に顧客満足度調査のスーパーマーケット部門で、7年連続1位を獲得しており、オーケーは安さが強みだ、「調味料などナショナルブランドが安い」と評価する声は多いようです。

オーケーでは競合店よりも店頭価格が高い場合、同額まで下げることを徹底しているので、常に安い商品ばかりがあるように見えているんですね。

これができる仕組みとして、全店で扱う野菜は年間を通じて種類を増やして販売し、農家から直接仕入れることでコストを下げたり、精肉も国産黒毛和牛一頭買いをするなどの企業努力をすることによって仕入れコストを抑えることが実現したそうです。

お客さんからの声も、

・「ここに来れば損することはない」

・「顧客に対する正直さ、誠実さを感じる」

・「野菜も新鮮で、味もしっかりしている」  

このような信頼と極めて集客力の高い首都圏のローカルスーパーとして知れわたっているようです。

オーケーでは「安かろう悪かろう」ではなく、仕入れを工夫することで上質なものを提供することができるんですね。

実際、新鮮でおいしいと好評なんですよ。

また、「オネスト(正直)カード」もオーケー独自の取り組みです。

「旬が過ぎているので少し風味が落ちています」「たくさん仕入れたので、〇日まで安くします」など、商品に対して不利になるような情報も正直に開示しています。

安くなっている理由を明記することで顧客の信頼を得ているのです。

「オーケーに行けば損することがない」と言われているスーパー「オーケー」。

安いということがわかっていると、毎日チラシをチェックする必要もないので楽ですよね。

私の家の近くにはないので、すごくうらやましいです。

顧客満足度一位を獲得するのもうなずけます。

二宮涼太郎のプロフィール

誕生日:1974年1月5日生まれ

年齢:45歳(2019年度)

出身地:神奈川県

出身大学:東京大学文学部卒業

職歴

1997年4月に三菱商事㈱入社

2008年11月にMitsubishi Cement Corporation/MCC Development 出向(米国)

2013年4月に三菱商事㈱リスクマネジメント部

2015年6月にオーケー株式会社に出向

経営企画室長

2016年1月にオーケー株式会社 執行役員30%成長戦略室長兼店舗開発本部長

2016年5月に三菱商事㈱を退社

2016年6月にオーケー株式会社 社長に就任

これ見ると分かったのが、二宮涼太郎社長は三菱商事出身の商社マンが社会人としてのスタートであったようです。

三菱商事と言えば、オーケーの大株主のようで、創業者の飯田勧会長の後を継いだ、2代目社長の簗瀬捨治さんも三菱商事出身でした。

二宮涼太郎さんは、オーケーの3代目社長に当たるそうです。

年収、資産はどれくらい?

オーケーは上場企業ではないようですが、有価証券報告書が公開されておりましたので調べてみました。それによると、社内取締役の給与が、13人で27518万円ということがわかりました。

単純平均で、一人当たりの年収は2117万円になりすが二宮涼太郎さんは社長として、オーケーに転職してきた方ですし、就任後の業績も好調で、評価はかなり高いと思われます。

ということで、他の役員の方よりも年収は高いことが想定さあれ、5千万円ほどの年収と思われます。

これだけの年収を稼がれている方なので、資産もおそらくは数億円にのぼるのではないでしょうか?

二宮涼太郎の性格は?

   

二宮涼太郎社長の性格についてですが、過去にがっちりマンデーに出演した時の印象になりますが、非常にエネルギーに溢れてて情熱的に仕事に取り組んでいるようでした。新しい提案などが売り上げに反映されて規模も大きくなっている事からも多くの社員から信頼されたり、決断力が冴えているような性格だと思われます。

二宮さんがどのような方なのかは今のところよくはわかりません。

堅い感じなのか、意外と気さくなのかなど、気になりますよね。

そのあたりは「坂上&指原のつぶれない店」を、ぜひ見てみたいと思います。

ただ、30代の若さで出向して、その後社長に就任したということは、かなり仕事のできる方なんだろうなと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はオッケー社長の二宮涼太郎さんについて調べてみました。

顧客に寄り添い、顧客の意見を大事にして大きく発展している激安スーパー「オーケー」。

若くしてそのオーケーの3代目社長となった二宮涼太郎さんは、ずっとエリート街道を歩いてきた方のようです。

出向したのちに社長に就任、と聞くと年配の方、というイメージがありますが、意外と若いオーケーの社長。

どんな方なのか、どんなお話をしてくれるのか、とても気になります。

ぜひ、「坂上&指原のつぶれない店」を見てみたいですよね。

よく買い物に行きたくなるスーパーなので、これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。