能作克治の年収と経歴について!富山の鉱物メーカーの技術力とは?【カンブリア宮殿】

芸能

能作克治さんがカンブリア宮殿に出演されます。

富山県の鋳物メーカー能作を復活させた彼の経歴と年収についてと、富山の鉱物メーカーの技術力についてまとめていきたいと思います。

能作克治のプロフィール

1958年生まれ

福井県出身。

株式会社能作代表取締役社長

経歴について

大阪芸術大学芸術学部写真学科を卒業後、新聞社勤務を経て、1984年に義父が経営する能作に入社しています。

2001年東京原宿バージョンギャラリー展示を機に、直販を徐々に拡大していきます。

2002年に代表取締役就任

東京都内を中心に直営ショップを増やしているほか、アジアや欧米など海外にも積極的に展開。

2013年「第5回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞」賞受賞。

年収について

2002年の代表取締役就任以後、おそらく現在に至るまでの売り上げや給料は厳しかったように思われます。

物作りで一番かかるのは人件費や工場などの固定費などで、ヒット商品や売れ筋の商品がないと、会社経営を続けるだけでも精一杯のように思えます。

今でこそ見学者に工場を開放するものづくり企業が全国各地で増えていますが、当初から産業と観光を結びつけたビジネスを見据えたモデルがようやく形になってきた現在は売り上げ5億円以上になるそうです。

伝統産業自体の売り上げが年々縮小していく中で、これだけの実績を出せるのは能作克治社長の敏腕によるものと言えるでしょう。

本人の詳細の年収は見つかりませんでしたが、分かり次第に追記していきます。

富山県を拠点とした理由

福井県出身の同氏が高岡に来て鋳物職人をしていた頃の話に工場見学に来た母親が小さな男の子にこう言ったそうです。

「勉強しないとこういう仕事にしか就けないよ」この発言に本人は唖然とし、鋳物の仕事、職人の地位はなぜここまで低いのか疑問に感じたそうです。

「この状況を変えるためには、まず地元から変えなければならない」と心に誓ったといいます。

それからというもの、ものづくりの魅力を伝えようと工場に小さな展示スペースをつくったり、10年以上にわたって年間約1,200人の小中学生の鋳物体験を受け入れてきたそうです。

鋳物の仕事や職人について知ってもらう機会を作ることで、伝統産業や地域の素晴らしさを理解してもらえる取り組みは必要ですよね。

そういった思いを持って伝統産業を守り、飛躍させていこうとする取り組みには感銘を受けました。

鉱物メーカーの技術力とは?

そもそも鋳物とは、熱して溶かした金属を型に注ぎ入れて成型する金属製品のことを言うそうです。

特に400年の歴史を持つ高岡では、木型に砂をかぶせて鋳型をつくり、金属をそこに流し込む「砂型鋳造」が主流になっています。

その技術を活かして、茶道や仏具だけに留まらず近年は純度100%の錫を鋳込んだテーブルウェアなど既存に無い製品を開発するなど真新しさと、クオリティーの高さにファンも増加していってるそうです。

現在では全国11カ所に直営店、そして海外にも進出しているそうです。

またファイナルファンタジーとのコラボ商品も開発中とのことで、海外からの問い合わせや予約注文もすでに多くの件数が来ているそうです。

こういった時代の変化や、国内外のニーズに応える商品を開発していく姿勢はとても大事なことだと思います。

世の中にはすでに安くていいものはたくさんある中で、新しい需要を作り出す活動も必要になっていきます。

これらの条件が満たされている会社であれば今後の展望も間違いなくいい方向へ進んでいくと思われます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は能作克治さんの経歴と年収についてと、富山の鉱物メーカーの技術力についてまとめました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。