エンペラー西山慶児の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

芸能

キングオブコント2019の決勝が開催されます。

優勝候補にABCお笑いグランプリに優勝したエンペラーが出演されます。

このコンビはツッコミ役で西山慶児さん、ボケ役の安井裕弥さんの2人組になります。

本記事では西山慶児さんの学歴を含めた出身大学、高校や中学校の偏差値や学生時代を紹介します。

また、本名や出身地、身長、趣味・特技などはどんな感じでしょうか?

早速みていきましょう。

本名や出身地について

本名:西山慶児(にしやまけいじ)

身長・体重:177cm70kg

血液型:O

出身地:高知県高知市

高知市というと県の中心地として多くの観光客で賑わう場所で育ったようです。ここは高知城や坂本龍馬記念館、桂浜などの見所も充実しており、新鮮な海鮮類など料理も美味しいところになります。

エンペラーの経歴

相方の安井さんは京都だったので2人がコンビを結成したのは吉本入ったからではないでしょうか?

同期として34期生に入り、M-1グランプリでも有名な亜生(ミキ)さんとも一緒にお笑いを学んでいたようです。

吉本といえば全国からお笑いをやりたい人達が集まる場所ですが、途中でやめたり諦めたりすることでも厳しい環境となっているようです。

そんな中で生き残り、最良の相方を見つけられた事はすごいですよね。

そして8年間の下積みを得て、現在では名だたるお笑いコンテストの優勝などを獲得されています。

最近だとABCお笑いグランプリで優勝し、確実に実力と人気をつけてメディアへの露出も増えてきました。

出身大学や高校、中学校について

高校ほ高知県高知工業高等学校に進学されたようです。

こちらの高校は工業系の専門なので、整備工場や設計会社などに就職する人たちが入学すると思われます。

この学校に進学されたのは将来は資格を取って手に職のある仕事があれば、食いっぱぐれる事はないと思っていたのかもしれませんね。

その後は兵庫県にある関西国際大学にしています。この頃には実家を出て一人暮らしを始めた時期ではないかと思われます。

おそらく、この学生生活においてお笑いの本場である大阪が近くなって、興味を持ち始めたのではないかと思われます。

偏差値と学生時代について

関西国際大学の偏差値は35でした。

これはある程度の成績がおさめられれば進学できるレベルですので、取り入って勉強だけに専念していなかったのかもしれませんね。

それにお笑いの方に専念するのに、最低限の勉強に抑えていたのかもしれません。

大学を卒業後はNSCに入りお笑い芸人の道へと進まれたので、将来の目標はお笑い芸人に絞ったと思われます。

お笑いのツッコミはある程度の教養や知識がないとボケに応対するのも難しいので、当たり前のように大学に行く事で成長も出来ていたのではないでしょうか。

趣味・特技について

本人の生きがいとも言えるのはギャグを作ることらしいです。

これまでギルティー、おつー、おちみる先生などというギャグを生み出してきています。

また単独ライブのタイトルは普段使っているへんと思う言葉を使っているそうです。

ABCお笑いグランプリに優勝した際に欲しいものはフレンチブルドッグと言ってました。

どう言った経緯があったか知りませんが、過去に歌舞伎の世界へスカウトされたことがあるそうです。

彼女を安心させるためにネタ合わせ中に写真を撮tたりして、今何をしているのかを送っているそうです。

やはり芸人という職業柄、遊んでいるイメージも着きやすかもしれないので、彼女に対しての真剣度を表しているのかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はキングオブコント2019の優勝候補エンペラーの西山慶児さんの出身大学、高校や中学校の偏差値や学生時代をまとめてみました。

エンペラーの経歴は第40ABCお笑いグランプリ優勝

出身大学は関西国際大学、高校は高知県高知工業高

偏差値と学生時代は普通である

などが分かったかと思います。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。