内藤いづみ医師の経歴や家族を総まとめ!出身高校・大学、夫(旦那)、子供、年収を調査

社会

情熱大陸に在宅ホスピスの先駆者である内藤いづみ医師が出演されます。

そんな彼女の経歴や家族についてと、出身高校・大学、夫(旦那)、年収を調査しました。

早速見ていきましょう。

内藤いづみ医師のプロフィール

氏名:内藤 いづみ(ないとう いづみ)

生年月日:1956年6月

出身地:山梨県六郷町

趣味:読書、音楽鑑賞

内藤いづみ医師の経歴

1981 福島県立医科大学を卒業後、三井記念病院で研修医として勤務

1983 東京女子医大病院の第一内科に勤務

1986 夫と共にイギリスに移住

プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修

1991 湯村温泉病院に勤務

1995 ふじ内科クリニックを甲府に開業、院長へ就任

全国で「終末期医療」に関する講演活動を展開

同時に、在宅ホスピスや終末期医療に関する本の執筆活動も始め、日本ホスピス・在宅ケア研究会理事・ホスピス在宅ケア研究会やまなし代表に就任。

2017 大正大学客員教授に就任

内藤いづみ医師の夫(旦那)、子供は?

内藤いづみ医師は結婚は既にしており、夫はイギリス人なんだそうです。

知り合ったきっかけは大学時代に接点があり、そこから交際が始まったんだそうです。

交際当時の彼は油田のコンサルタントとして働いていて、世界中を渡り歩いていたそうなので、2人が出会えたのは奇跡的な出会いですよね。

また世界中の地を巡っている最中でもあり、遠距離恋愛だった当時でやり取りはどのようにしていたのでしょうか?

現代のようにスマホやPCもなかったので、手紙d家のやり取りでは不便も多かったと思いますが、どちらも熱心に文通をして愛を育んだそうです。

その結果、結婚に至るそうなんですが当時のエピソードして内藤いづみ医師はこのように語られていました。

イギリス人は世界で一番プロポーズするのが下手な人種なので、夫のプロポーズも「イギリスに一緒に行ってください」とだけ言われました。

これで結婚を決めたんですから、女性の方にも理解や決断力がないと難しいかもしれませんね。

そして、お二人の間には、お子さんが3人もいらっしゃいます。

全員一般人の方のようで、詳しい情報は分かりませんでした。

2006年のインタビュー記事で「一番上の子がようやく大学に入った」と語っていたので、上のお子さんは現在31歳くらいになるかと思われます。

内藤いづみ医師は20199月現在63歳ですから、最初のお子さんを授かったのは32歳の頃となります。

下の2人のお子さんの年齢は分かりませんでしたが、おそらくもう自立されているように思われます。

それは内藤いづみ医師は24時間休むことなく「命に向き合う医療」を実践しているので、関わる時間を作ることもできないですからね。

内藤いづみ医師の出身高校・大学について

内藤いづみ医師の出身高校は地元である山梨県立市川高校なのではないかと思われます。

正確な情報は得られなかったのですが、医師を志すとなると偏差値が高いところが挙げられるので、

・甲府南高等学校

・甲府第一高等学校

・甲府東高等学校

・吉田高等学校

・北杜市立甲陵高等学校

これらの高校が山梨県で偏差値が上位にありますので、この中のどれかだったかもしれませんね。

出身大学は、福島県立医科大学です。

医師国家試験の合格率は高い大学のようで偏差値は65.0でした。

これらを経て無事に医師免許を取って仕事をし始めれたようです。

内藤いづみ医師の年収は?

医師の年収について調べてみたところ、民間の病院長の平均年収は2670万円でした。

院長にも年収には幅があるようで、医療法人が設立した病院長の場合には3000万円となります。

内藤いづみ医師は院長業務の他に、講演活動を含め、出版に携わった本を多く出版されているので、これよりもうわ待っている可能性があります。

内藤いづみさんの出版した書籍一覧はこちら

・「あした野原に出てみよう 在宅ホスピス医のノートから」(オフィス・エム) 1997

・「あなたと話がしたくって 内藤いづみ対談集」(オフィス・エム)2001

・「笑顔で『さよなら』を 在宅ホスピス医の日記から」(ベストセラーズ)2002

・「あなたを家で看取りたい 安らかで幸せな死を迎えるために」(ビジネス社)2003

・「最高に幸せな生き方死の迎え方」(講談社)2003

・「あなたが、いてくれる。 在宅ホスピス医いのちのメッセージ」(佼成出版社)2005

・「『いのち』の話がしたい 内藤いづみ対談集」(佼成出版社)2007

・「最高に幸せな生き方と死の迎え方」(オフィス・エム)2009

・「しあわせの13粒」まつおかさわこ絵 (ひと休み出版)2009

・「いのちの歳時記 在宅ホスピス医の宝石箱」美川瑛一写真 (愛智出版)2012

・「4000人のいのちによりそった“看取りの医者”が教える 死ぬときに後悔しない生き方」(総合法令出版)2019

最近ですと4000人のいのちによりそった”看取りの医者”在宅ホスピス医が語る21の物語は、終末期を考える人たちの間で分かりやすいと評判で、売れ行きもいいようでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は情熱大陸に在宅ホスピスの先駆者である内藤いづみ医師の経歴や家族についてと、出身高校・大学、夫(旦那)、年収を調査しました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。