本橋道雄の損害賠償は家族が支払う?金額や責任について徹底調査!

社会

横浜市神奈川区の京急電車の振り切りにて、快特電車とトラックの衝突事故がありました。

トラックを運転していた本橋道雄は金子流通サービースに勤めるドライバーでお亡くなりになってしまったため、事故の損害賠償は誰が支払うのかと、その被害金額や責任についてきになったので調べてみました。

脱線事故について

引用文書

5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線神奈川新町-仲木戸間の踏切で、青砥発三崎口行き下り快特電車(8両編成、乗客約500人)が、線路上で13トントラックと衝突。電車の1両目から3両目が脱線し、トラックは大破、炎上した。神奈川県警によると、トラック運転手の本橋道雄さん(67)=千葉県成田市=が死亡。乗客や電車の運転士を含む男女計33人が軽傷を負った。

京浜急行電鉄や目撃者の証言によると、トラックが線路脇の側道から右折して線路内に進入した際に立ち往生し、電車と衝突したとみられる。運転士は「(踏切内の非常事態を知らせる)信号の点滅に気づき、手動で急ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しており、県警はトラック側に過失があるとみて、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑を視野に捜査する方針。運輸安全委員会は同日、鉄道事故調査官3人を現地に派遣した。

引用:京急電鉄

本橋道雄について

横浜市神奈川区の京急電鉄神奈川新町―仲木戸駅間の踏切で起きた、快特電車とトラックの衝突事故。

トラックを運転していた本橋道雄さん(67)が勤める千葉県香取市佐原の運送業者「金子流通サービス」の関連会社の男性によると、本橋さんは5日の早朝に会社を出て、横浜市内でオレンジなどの果実を積み込み、千葉県成田市に運ぶ途中だったそうです。

本橋さんは別の運送会社で20年ほど運転手として働いた後、2018年に10月に金子流通サービス「入社。

入社後に事故を起こしたことはなく、今年6月に受けた健康診断でも問題は見当たらなかったそうです。

損害賠償は家族が支払うのか?

今回の事故の責任の所在についてはまだ詳しい見解や結果は公表されてはいませんでした。

電車のブレーキが間に合わずにトラックに突っ込んでしまったということで、鉄道会社側にも非はあるかとは思われますが、もし責任がドライバーだった場合はどうなるのでしょうか?

おそらく会社での保険から支払われるのか、最悪の場合は遺族の方に負担が行く可能性も十分にあります。

これから詳細が分かり次第、追記していきたいと思います。

賠償金額は?

これだけの大事故で賠償金額はいくら位になるのでしょうか?車両が約1億円と電車の遅延に対する損害、修復などにかかる人件費など総額でも数億円になると想定されています。

電車というのはとんでもない金額がかかっているんですね。普段の私たちの生活を支えているとはいえ、こう言った事故が起きると大損害を被ってしまう点では、安全対策で何事も起きなくする方に改善して行って欲しく思います。

事故の責任は誰になるか?

いったん全体を振り返ってみたいと思います。

普段は通らない経路でドライバーは踏切に入るときに看板にトラックをぶつけそのまま踏切に進入しました。

踏切内には異物を感知する装置が設置されており300メートル手前で信号機が赤だった事もわかっています。

また電車を運転する運転手は新人だった事も判明しています。

以上の事からも電車が停止していれば未然に防げた事態ではあったのではないかと思われます。

ドライバーの注意不足もありますが、なんにせよ結果が出るまでは真相は分からないままのようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は横浜市神奈川区の京急電車の振り切りにて、快特電車とトラックの衝突事故の損害賠償や事故の損害賠償は誰が支払うのかと、その被害金額や責任についてまとめてみました。

これからの展開が気になりますね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。