宮津嶺(バス娘)の学歴と経歴について!【マツコの知らない世界】

芸能

マツコの知らない世界にバス娘の宮津嶺さんが登場します。今回は彼女の学歴と経歴についについて調べてみました。前回の出演で強力なキャラのイメージから都営バスのロケなど、どんな内容になるでしょうか?

早速みていきましょう。

プロフィール

全国のローカルバスに乗り継いでいる事でも有名なバス娘として、マツコの知らない世界に出演後に一気に脚光を浴びてバスの啓蒙活動に励んでいます。

2年前に日本バス友の会に所属するようになり、シンポジウムなどに登壇する姿も見られていました。

バス娘とは?

よく鉄道マニアで写真を撮る人のことを撮り鉄、城など歴史が好きな女子の事を歴女などの名称があるように、バス好きの若い女子の事をバス娘と言うそうです。

宮津嶺さんはその中でも飛び抜けて全国のローカルバスを乗り歩いている人で、都営バスでのおススメルートなど絶景ポイントなどをブログでも紹介している根っからバス好きになります。

所属する日本バス友の会とは?

引用文書

日本バス友の会(にほんバスとものかい)は、任意団体の1つで、バスに興味がある人(バスファン)たちの活動を支援することを目的として設立された団体である。

1980年に設立、東京都豊島区に事務局を置き、全国に5支部(北海道・関東・東海・関西・九州)を擁している。10台を超える保存バスがあり、一部車両はイベントなどへの貸し出しで、一般人が実際に乗車できる機会がある。

日本バス友の会が編集に携わっている書籍は多数あり、友の会自体が発行した書籍も『日本のバスカラー名鑑』などが出版されている。また6番目の支部(東北支部)ができ記念本を出版していると報道されている。この6支部体制は、1980年当時に復したと言える。

事務局は「クリム企画(株)」という企業と同居しているまた保存バスは日本バス友の会での所有であることから、車検を取得する際個人名義を避けるため、これとは別に法人を設立したが、このような経緯は別として、現在バス保存活動の実務は茨城県土浦市に本部を置く特定非営利活動法人日本バス文化保存振興委員会に移行している。

引用ウィキペディア

学歴について

彼女の学歴について調べてみましたが、特に詳細の情報は掴めませんでした。SNSなども本名で活動していないのか見つけられませんでした。

しかし見た目からは、バスの歴史など好きそうな所から文学部などに進学していたのではないかと思われます。

そのうち論文などあげそうな雰囲気を醸し出しているので、これから期待したいと思います。

経歴について

マツコの知らない世界に7年前に出演してから、その後はどうなったのでしょうか?

日本バス友の会に所属して以降も変わらず全国のローカルバスを乗り歩いっだそうです。

やはり根っからのバス好きである点は変わらないことと、バス娘として認知された事でより大きな活動へと転機した点ではよかったのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

マツコの知らない世界にバス娘の宮津嶺さんが登場します。今回は彼の出身と年収や宝石商の仕事について調べてみました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。