三浦透子の出身とデビューのきっかけは?三浦大知とは兄弟って本当?

芸能

こんにちは!

新海誠監督の最新映画「天気の子」が7月に公開されました。

ストーリーや声優などだけではなく、楽曲も大きな話題になっていますよね。

そこで、「天気の子」の主題歌を歌う三浦透子さんがミュージックステーションにも出演が決定したので彼女について調べてみました。

三浦透子さんの出身地は?

まず、三浦透子さんのプロフィールをご紹介しましょう。

・1996年10月20日生まれ 血液型:B型

・出身地:北海道

・身長:157センチ

三浦透子さんは北海道出身ということだけわかっており、北海道のどの辺りで育ったかといった情報は見つかりませんでした。

ただ、あの魅力的な歌声を出せるのは雄大な北海道ならではの不思議な力を持っているようにも感じ取れますよね。

三浦大知との関係は?


三浦透子さんのの写真を見てビックリしたのですが、なんとなく三浦大知さんに似ているのです。

そう思っていたらやはりネットでも「兄妹では?」という声が多くあがっています。

ですが、三浦大知さんは沖縄県出身の一人っ子、三浦透子さんは北海道出身なので、どうも違うようです。

そんな三浦透子さんは、実はサントリーオレンジジュース「なっちゃん」のCMキャラクター「なっちゃん」の2代目だったんですよ。

三浦透子さんはなっちゃんのオーディションで「歌ってみてください」と言われたときに「イヤです」と答えたというエピソードがあります。

そんな三浦さんが、なぜ「天気の子」の主題歌を歌うことになったのでしょう?

天気の子の主題歌を歌うことになったきっかけは?

映画「天気の子」の楽曲は、前作「君の名は。」に引き続きRADWIMPSです。

新海誠監督と再び顔を合わせたとき、楽曲に関して「前回と違うことをやろう」という話になり、RADWIMPSの野田さんが提案したのが「僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい」というものでした。

その理由として、

・前作とは異なる世界観にしたかった。

・女性ならではの、より大きな存在感でこの作品を包み込んでほしいと思った。

と述べています。

そして、約1年かけてオーディションをし、多数の候補者の中から選ばれたのが三浦透子さんだったのです。

選ばれたことについて、三浦さんは以下のように語っています。

監督や野田さんの思いをしっかりと受け止めて主題歌を歌う決意をした三浦さん。

楽しく、歌のやりとりをしながら作り上げていったのですね。

「役者の歌声というよりも世界そのものの響きのような声。

個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声。

三浦透子さんの声には、劇場で聞いていたらそんな印象を持ちました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

三浦透子さんと三浦大知さんは、兄妹ではありませんでしたが、ふたりとも素晴らしい才能を持っているという共通点がありました。

役者という枠を超えた歌声で、映画の世界観を広げている三浦さん。

より深く映画を楽しむことができそうですね。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。