塚田涼太郎の経歴と年収について!台湾まぜそばのマツコの知らない世界での反応は?

芸能

マツコの知らない世界で塚田涼太郎さんが出演されます。

今回は台湾まぜそばの魅力を発信されている彼の経歴と年収についてと、紹介された料理についてまとめていきたいと思います。

塚田涼太郎の経歴

現在大学生の塚田涼太郎さんは台湾まぜそばのオフ会と、ツイッターで愛好家を集める発起人として注目されています。

その愛情はひときわ熱く語っているインタビューを見つけました。

引用文書

「発祥は台湾でなく名古屋なんです。新メニューの開発過程で生じた失敗作がたまたま好評を博し、『麺屋はなび』が一気に人気に火を付けました」と「台湾まぜそば史」はバッチリ。人気店の従業員との交流でレシピの秘密を探り、ツイッターで愛好家と「オフ会」を開き語り合うなどその愛は本物だ。

台湾まぜそばの魅力は「食べ進めていく過程でいろいろな表情を見せる」点だと塚田さんは力説。ミンチと野菜の彩鮮やかな盛り付けに始まり、まぜる楽しみ、昆布酢の味付け、追い飯(スープにご飯を入れて食べる)……、と楽しみ方は無限の可能性を秘める。

 

会員たちの熱意はついにオリジナルの台湾まぜそば制作にまで至り、駒場祭での出店も決定。

「台湾まぜそばを食べたことがない新規層の開拓がしたいと思った」と副責任者の長谷川優貴さん。

こだわりが強ければこその苦労は絶えない。

駒場祭では規則の関係からシンボルである生卵が使えず、麺も焼きそばで代替するという。それでも「麺に粘り気を出す工夫を見つけた」と研究の成果は実を結びつつある。

引用

塚田涼太郎の年収

大学生ということではありますが、オリジナル台湾まぜそばを企画するなど、今回の番組出演がきっかけでタイアップなどついたりする可能性はありますね。やはりSNSでの影響からメディアに露出する方が増えていっているので、情報発信をしていくということは非常に重要なコンテンツ作りになっているのかと思います。

今後の活躍に期待したいですね。

台湾まぜそばとは?

台湾まぜそばと聞いて、台湾が発祥だと思われている方も多いと思いますが、実は名古屋が発祥と言われています。

都内でも台湾まぜそばのお店が増えてきていて、汁が入ってないラーメンということで最初は違和感を感じるかもしれませんが、食べ始めると止まらないジャンクな味付けが堪りません。

材料には卵の黄身やニラ、九条ネギ、ニンニクなどの濃厚で辛口の味付け、絶妙に絡まる麺はコンビニのカップラーメンのコーナーでも見ない日がないほどの人気ぶりを見せています。

その台湾まぜそばを支持しているのが若者が中心となり、特に食欲の旺盛な大学生の中で病みつきになる人が続出しているようです。

女性はタピオカ、男性は台湾まぜそばといった具合に好みのはっきりと別れているかもしれませんが!どちらも美味しく楽しめるグルメとしてこれからも認知が広まっていきそうな気がしますね。

マツコの知らない世界で紹介された料理

マツコさんは台湾まぜそばを1度も食べたことがないそうですが、大流行中の台湾まぜそばはマツコさんの舌を唸らせることは出来るんでしょうか?

「ごちゃ混ぜにする罪悪感がたまらない」と語る塚田涼太郎さんがおススメするように、ニンニクと背脂たっぷりの料理はマツコさんも食べればハマってしまいそうですよね。

番組内では、台湾まぜそばの研究結果なども公開するようで、味変・追い飯・自宅レシピなど初めて知る方にも必見な内容になるかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、マツコの知らない世界で台湾まぜそばの魅力を発信されている塚田涼太郎さんの経歴と年収についてと、紹介された料理についてまとめてみました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。