マツコの知らない世界で田辺マミの紹介するバームクーヘンについて!

芸能

こんにちは!

田辺マミさんがマツコの知らない世界に出演されます。

全国に9000人ほどバームクーヘン について研究している人達の事をバウムマニアと言うそうです。

その中でも田辺マミさんはトップクラスにバームクーヘン について詳しく全国で食べ歩いてきた一人になります。

一体どんな方なのか?バームクーヘンのこだわりについて気になってしまいましたので、いろいろと調べてみる事にしました。

田辺マミについて

マツコの知らない世界に出演するくらいなので、相当な数のバームクーヘンを食べてきたようです。

どのようにしてバームクーヘンに出会ったり、ここまで食べるようになったのかは現在のネット上では見つかりませんでした。

しかし、バームクーヘンにかける情熱は人一倍でなければここまで好きにはなれないと思うので、よほど美味しいかったのが印象に残っていたのかもしれませんね。

マツコさんもバームクーヘン好きなようで、この回では相当話が盛り上がると思われます。

引用文章

日本では第一次世界大戦による敗戦国の捕虜として来日したドイツ人の菓子職人カール・ユーハイムによって持ち込まれ、1919年(大正8年)3月4日広島物産陳列館(後の原爆ドーム)で開催されたドイツ作品展示即売会において販売されたのが最初である[2]。このことを記念して、毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められている[3][4]。カールは第一次大戦後日本で菓子店を開き、当時はピラミッドケーキという名前で販売されていたが、1960年代からバウムクーヘンという名で知られるものとなった[2]。彼の事業を継承する株式会社ユーハイムは、現在も売上300億円の2割程度を占める主力商品としてバウムクーヘン製造を続けるほか、より小規模に人気を集める専門メーカー、逆に袋菓子として廉価に全国販売を行うメーカーも多く、日本におけるバウムクーヘンはドイツを凌ぐ一般的な普及をみている。

引用:Wikipedia

この説明からもあるように、初めはドイツ人から持ち込まれ、その際の発音ではバウムクーヘンだったことが挙げられています。

その方がドイツ語の発音にも近く、今ではドイツ以上に日本の方が日常的に食べるほど一般的になってきていますね。

ドイツだとプリッツェルやケーキのお店はよくみますがバームクーヘンを扱っているお店はほとんど見かけませんでした。

なので日本で食べられているバームクーヘンが基準となって紹介されることが予想されています。

バームクーヘンのこだわりとは?

こちらも番組からの写真の考察になりますが、美味しいバームクーヘンを見極めるポイントはコゲとヘコミになるようです。

コゲというと、生地の周辺部を指しているのではないかと思われます。

これはメーカーによって外側がカリッとした食感であったりするので、コゲ目のあるバームクーヘンは外側まで焦げ目がつく程度に焼いているものが美味しいと予想されます。

こう言ったコゲのついてそうなところで言うと、ねんりん家のバームクーヘンが条件に当てはまると思われます。

よく店頭で回転しながらしっかりと焼き上げられているのを見かけますね。

これは生地の外側に薄く砂糖がコーティングされているので、焼くと焦げたような跡が残るのではないでしょうか?

そして、ヘコミのあるバームクーヘンというとコゲと同様にねんりん家のマウントバームを想像してしまいます。

ホールでカットすると分かりますが、生地の外はへこみがあり香ばしく、フランスパンのような食べ心地を味わえます。

これほど美味しく仕上げるねんりん家のバームクーヘンは専門からの支持も根強いんだと思われます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はマツコの知らない世界で田辺マミ雪さんが紹介するであろうバームクーヘンのこだわりについて調べてみました。

いつも気軽に美味しく食べられて、値段もお手頃で買えるの商品なので放送日が楽しみですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。