マツコの知らない世界で福永小雪が紹介したバームクーヘンどこの?美味しいお店を徹底調査!

芸能

こんにちは!

次回のマツコの知らない世界ではバームクーヘンが紹介されます。

バームクーヘンといえばマツコデラックスさんも大好きなことで有名ですよね。

そんな最近のバームクーヘン事情についてゲストの福永小雪さんと田辺マミさんが紹介されます。

そこで今回はマツコさんが過去に美味しかったと紹介していたバームクーヘンのお店についてや、 福永小雪さん、田辺マミさんが紹介するであろうバームクーヘンのお店について調べてみました。

福永小雪、田辺マミについて

マツコの知らない世界に出演するくらいなので、相当な数のバームクーヘンを食べてきたようです。

全国に9000人ほどバームクーヘン について研究している人達の事をバウムマニアと言うそうです

一括りにバームクーヘンと言っても大きく2つ明確な違いがあるようで、「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」とあるそうです。

その違いについて調べてみたところ「バームクーヘン」と表記されることもあるが、「バウムクーヘン」と表記するほうがドイツ語の発音に近いようです。

そもそもドイツが発祥とされていて、今では日本の引き出物やお土産品として全国的にも親しまれてきた商品になります。

しかし実際は本場のドイツでは珍しい種類の菓子であり、日本ほど一般的ではないようです。

なので、福永小雪さん、田辺マミさんは海外でなく、日本で食べられるバームクーヘンについて紹介されることが予想されています。

マツコが好きなバームクーヘンとは?

以前、夜の巷を徘徊するで、マツコさんがバウムクーヘンを大量買いしたことで大きな話題になりました。

それは千葉にある東京ドイツ村の園内にあるバームクーヘン専門店「アンジー」で、マツコさんが美味しかったあまりにその場でバウムクーヘンを爆買いしていました。

それほど美味しかったバームクーヘンとはどんな商品だったのでしょうか?

こちらのお店で「せんの木」と言うメーカーのアイスが入ったバームクーヘンをたいそう気に入り、15個を買ったそうです。

さらに他にもバームクーヘン のチーズ味、バニラ味、アップル味や、チーズケーキもカゴの中に入れ、なんと合計で14000円も支払ったようです。

どうやって賞味期限内に食べるんでしょうね。よほど大好きで食べきれる自信があってマツコさんも買われたのでしょうから、本人が美味しく食べられるのであれば全然いいと思いますね。

そして、本来の番組の趣旨はこのドイツ村のイルミネーションを堪能しにきたようでした。

千葉県袖ケ浦にあるテーマパークでドイツの田園風景をイメージされていて、冬場になると園内のイルミネーションがとても豪華でキラ部¥ビヤかということで多くの観光客で賑わっています。

夜にならないとイルミネーションは見られないので、車で行かれるのが一番いいかと思われます。

マツコの知らない世界で紹介される商品は?

あくまでも私の試験になってしまいますが、バームクーヘンと言ったら以下の3つがおそらく紹介されるのではないかと考えられます。

「治一郎」

「ねんりん家」

「クラブハリエ」

その理由については、まず治一郎のバームクーヘンは飲み物のいらないバウムクーヘン”と言われているだけあって、しっとりとした食感が一度食べるとやみつきになります。

お店ではカットとホールが販売されているので、初めての方はカットで召し上がって、味が気に入ったら贈り物などにすると喜ばれると思います。

次にねんりん家について、ここは都内のデパートなどに行くと見かけることが多く、外側に薄くコーティングしてあるシュガー部分がカリっとした食感がクセになります。

また中がふんわりと柔らかく卵の風味を存分に感じられるので老若男女問わずに好まれることで有名です。

最後にクラブハリエは、商品のパッケージが茶色いブロック調で高級感あるデザインとなっているので、食べた後でも容器として使う方もいると思います。

こちらは職人によって素材にこだわり、ふわふわでいてしっとりした食感で美味しくいただけるので、とてもオススメです。

あくまでも予想になるので、このうちのどれかが当たっている事を願っています。

もし仮に外れていたとしても、この3つは本当に美味しいので興味を持たれた方はぜひ、食べてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はマツコの知らない世界で福永小雪さんが紹介するバームクーヘンのお店について調べてみました。

気軽に美味しく食べられて、贈り物にも喜ばれる逸品なので放送日が楽しみですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。