清塚信也の壮絶な生い立ちについて!話が上手いのは発達障害の影響か…

芸能

しゃべくり007に天才ピアニストの清塚信也さんが出演されます。 

彼といえば最近ではドラマやバラエティにも出られるようにあり、話が上手いとも評判を得た活動をされてますよね。

そこで今回は清塚信也さんの壮絶な生い立ちについてと、話が上手いのは発達障害の影響なのか気になったので調査してみました。

早速みていきましょう。

清塚信也のプロフィール

名前:清塚 信也(きよつか しんや)

生年月日:1982年11月13日

年齢:36歳

出身:東京都

血液型:B型

学歴:桐朋女子高等学校音楽科 卒業、モスクワ音楽院へ留学

所属:トライストーン・エンタテイメント

レーベル:ユニバーサルミュージック

清塚信也の幼少期とは?

清塚信也さんは日本人の父親と韓国人の母親の元に生まている日本と韓国のハーフになります。

今でこそ、天才ピアニストと言われていますが子供の頃からそうでさるかというと意外にも相当な苦労があったようです。

彼の両親は音楽好きで、特にクラシック音楽を中心に家の中では毎日のようにきいいていた影響で音楽に自然と触れ合う機会の多い環境で育地ました。

そんなある時に転機が訪れます。

2歳上のお姉さんがピアノの練習をするために桐朋学園の音楽教室へ通うことになり、それに一緒についていくようになり、お姉さんの演奏を見ているうちに自分でもやりたくなってしまったそうです。

本格的にレッスンに通うようになったのは7歳の時からで、音楽の楽しさにどんどんハマっていったそうです。

清塚信也の学生時代は?

しかし小学校になると周囲の影響もあったのでしょうが、将来の夢はプロ野球選手になる事だったようです。

やはりこの当時の人気の職業でもあったので、気持ちが揺れ動いてしまうのは無理もないと思いました。

ただピアノも継続的にレッスンを受けていただけだったのでコンクールなど受けても予選落ちすることがつずいたそうです。

普通ならここで諦めてしまうものですが、ここから奮起して1日の半分は練習に時間を費やし、生活の大半が音楽中心になっていったようです。

これらを全てやり尽くすことによって、ついに全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部で優勝を果たします。

この結果を得られたことで本人とっても大変な自信につながったと思われます。

しかし、自分に合った指導者に出会えなかったり価値観を共有できる演奏者が近くにいなかったりなどいることをずっと気にかけるようになっていきました。

そこで、大学生になってからは誰も知らない場所へ行き、新しい価値観に出会いたいとモスクワ音楽院に留学することになりました。

ここではロシアのピアノ奏者であるセルゲイ・ドレンスキーやデニス・マツーエフ、ニコライ・ルガンスキーに学ベルことはできましたが、これといった成果を上げることはなく帰国されたようでした。

海外での過ごし方は日本と違って自由な時間が多く、旅行や遊びなどの発送になりやすく音楽に集中するのが難しかったようです。

日本に帰国後は、今までお世話になった人たちに挨拶に回り続けて地道に人脈を築いていったそうです。

それが今の活躍につながってきているそうです。

清塚信也はなぜ話が上手いのか?

彼のインタジューで話が上手くなっていた経緯についてまとめられていたので、こちらをご覧ください。

引用文章

もともと僕は「ショー」が好きなんですよね。しかも「お笑い」のレベルに関していえば、日本はトップクラスだと思っているんです。

ヨーロッパ文化の代表が「クラシック」なら、日本における芸術的な文化の代表は「お笑い」だと思う。

歴史を紐解いてみても、まあ、能楽は貴族のものでしたが、たとえば歌舞伎や落語は大衆演劇じゃないですか。

日本文化は貴族ではなく大衆が生み出してきた。

貴族より大衆の方が、文化的に勝利したというか。それが今、受け継がれて高められているのが「お笑い」ではないかと。

テレビに出演すれば、その「お笑い」を間近で見られるわけです。

実際、番組内や楽屋などで芸人さんたちとお話ししたり絡んでもらったりすると、もう頭の回転の速さが「芸術レベル」なんですよ。しかも内容も濃い。

インテリジェンスに富んでいるというか……正直、アメリカのお笑いって面白くなくないですか?

―(笑)。確かに「大雑把だなあ」と思うことはよくあります。

そんなんでいいの?ってくらいベタなこともありますよね(笑)。対して日本のお笑いは、その先の先くらい進んでいると思う。

そうやって考えてみると、「大衆文化の進化系」であるお笑いに慣れ親しんだ日本人が、「貴族文化の象徴」であるクラシックを簡単に理解できるわけがないなとも思うんです(笑)。

海外から音楽だけポンと入ってきても、受け入れられるわけがない。

要は、笑わせないと日本人は聴いてくれないということを、割と早い段階から思ったんですよね。

引用 CINRA.NET

清塚信也は発達障害なの?

幼少期からピアノの英才教育を始めた清塚信也さんにネット上では発達障害なのではないかという疑惑が広まっていました。

こちらについては全くの根拠のない情報であったことが判明しました。

ちなみに発達障害の別名は天才病と言われているそうです。

この症状になっていたとされる代表的な有名人だとスティーブ・ジョブズが挙げられます

彼も1つのことに集中するとなると周りが全く見えなくなっていましたが、革新的なデバイスを開発されたことで伝説的な逸話として語られています。

なので天才ピアニストとして活躍する清塚信也さんだからこそ、このような噂が生まれたのかもしれませんね。

そんな彼の素敵な言動や発言についてはこちら!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は清塚信也さんの壮絶な生い立ちについてと、話が上手いのは発達障害の影響なのかまとめてみました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【画像】清塚信也の豪華自宅と年収がすごい!美人の嫁(妻)も公開!