カピルミタルの出身と年収について!宝石商の仕事とは?【マツコの知らない世界】

芸能

マツコの知らない世界にインド人宝石商カピル・ミタルさんが登場します。今回は彼の出身と年収や宝石商の仕事について調べてみました。

総額約6億売り上げたダイヤモドに隠された真実とは一体なんなのかを早速見ていきましょう。

プロフィール

名前:kapil mithal カピル・ミタル

生年月日:1971年7月21日

出身地:インド・ミラット州

職業:宝石商

カピルミタルさんは、世界中から高品質な宝石の買い付けから卸までを手がけています。

カピルミタルさんの趣味が、宝石を眺める事というだけあって、宝石を見る目も鋭いのでしょうね。業界からは、カピルミタルさんは、宝石のスペシャリストとも呼ばれているそうです。

出身について

見た目からもわかるように、インドのミラット州というデリーから60キロ離れたところにあるそうです。現在は地名が出なくなっていますが、自然豊かな所で育ったと思われます。彼の温厚そうな性格や人を明るくさせる人柄は土地柄に身についたものなのかもしれませんね。

年収について

カピルミタルさんのが宝石商としてこれまでに取引された来た総額は、日本だけでも100億円以上だと言われています。

宝石商のバイヤーを職業としてる一般的なサラリーマンでも年収は400万円程度になりますので

カピルミタルさんのように、世界中を相手にされているバイヤーなら年収も高額になるのではないかと思います。

カピルミタルさんが宝石を売る時は、お客様が値段を聞いて来ると購入する意志があると判断するようです。

宝石商の仕事とは?

現在もジュエリー業界一筋で活躍されてるそうです。世界中から宝石を仕入れて、自分の顧客や紹介された新規のお客に宝石を販売する仕事になります。

この仕事のメリットとしては、一度気に入ってくれた購入者は新しい宝石を買ってくれたり、知り合いにも紹介してくれて販路を広げていくことが大きいと思います。

また、販売する販路さえあれば国内外問わずにどこでも商売が出来るので非常にフリーランスに活動できる点もあると思います。

カピルミタルさんの現在

山梨の番組に出演されたり、富士急ハイランドに家族をお出かけをしていることからお住まいは、山梨県だと思われます。

カピルミタルさんは、どんなに良い宝石であっても宝石をメーカーに卸すだけの仕事では満足しないようで、直接お客様に販売して喜んでもらう姿を見ることが何よりの楽しみにされているそうです。

その為に、GSTVという宝石専門のチャンネルに出演されたり、テレビ山梨のウッティタウン6丁目という番組でカピタル山梨というコーナーを持つことで、直接一般の方と触れ合うことで、お客様が喜ぶ姿を見ることができるようになったそうです。

前回の放送を機にメディアでの認知度も広がったおかげでさらなる活躍をして行ってるそうです。こういった頑張っている人にフォーカスされて世間に浸透していくのはとてもいい傾向ですね。

本人はインド人は嘘をつかないと言いますが、日本にいて嘘をついてしまうと噂が広まりかねないので、こればかりは本当なのかもしれませんね。

色んな方々応援してくれるようにもなってきていると思うので、これからのますますの活躍が楽しみですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はマツコの知らない世界に出演するインド人宝石商カピル・ミタルさんの出身と年収や宝石商の仕事についてまとめてみました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。