ジェイミージョセフの家族や子供はいる?ラグビー日本代表監督を調査

スポーツ

こんにちは、いよいよラグビーワールドカップが始まりますね。

そこで日本代表の監督であるジェイミージョセフの監督の出身や家族や子供について気になったので調べてみました。

現役時代や指揮官となってからの実力や成果、家族との関係など色々とまとめたので、早速みていきましょう!

ジェイミージョセフ監督の出身は?

ジェイミージョセフ監督は、ニュージーランド出身の49歳(19691121生)です。

選手時代、身長:196㎝、体重;105キロと体格に恵まれ、ラグビー選手として、1995年のワールドカップでは、準優勝したニュージーランド代表の一員として出場しました。

その後、日本のクラブ(サニックス<現・宗像サニックスブルース)に加入してプレー(2000年までプレー)をして、1999年には日本代表としてワールドカップに出場しました。

選手引退後は指導者として、ウェリントン代表のアシスタントコーチやヘッドコーチやマオリ・オールブラックス、スーパーラグビーのハイランダーズのヘッドコーチを歴任し、2016年に日本代表監督(ヘッドコーチ)に就任しました。

現役時代はどんな選手だった?

1995年のラグビーワールドカップでは準優勝メンバーの一員でした。

2000年まで、日本の西日本社会人リーグであるサニックス(現:宗像サニックスブルース)に所属し、ラグビー日本代表としても1999年のワールドカップに出場しています。

キャップ数は9です。

日本在住の経験があって、簡単なやりとりなら日本語で話すことができるそうです。

 

2003年より指導者に転向しウェリントン代表のアシスタントコーチ・ヘッドコーチ、マオリ・オールブラックスのヘッドコーチなどを歴任しています。

2011年よりスーパーラグビーのハイランダーズのヘッドコーチに就任し、2015年にはスーパーラグビーで優勝に導いています。

ジェイミージョゼフ監督はオタゴ大学卒業後、オタゴ地区代表でデビューしました。

ニュージーランド・マオリ代表を経て1992ニュージーランド代表オールブラックスデビューをしました。

1995年のワールドカップに出場し準優勝をしています。

その後、日本の福岡サニックスブルース(現:宗像サニックスブルース)入りしています。

1999年には日本代表No.8としてウェールズで行われたワールドカップに出場しました。

主な経歴

  • オタゴ大学
  • ニュージーランド・オタゴ州代表(19891995
  • ニュージーランド・マオリ代表(19911995
  • ニュージーランド代表(19911995)<代表CAP20試合>
  • サニックス<日本の西日本社会人クラブ>(19952000
  • 日本代表(1999)<代表CAP9試合>

ワールドカップ出場歴

  • 1995年ワールドカップ(ニュージーランド代表)
  • 1999年ワールドカップ(日本代表)

家族や子供はいる?

家族は妻と1男三女になりますので6人家族になります。

子供の名前はLydia16歳 Maia 14歳 Ben 12歳 もう一人の名前は不明でした

以上の4人のお子さんに恵まれています。

長男にはスーパーマンの格好をさせているあたり、将来はラグビー選手を目指すかもしれませんね。

なんて、父親の期待が垣間見れたりしますね。

やはり子供には自信が与えた影響で何かしらラグビーに関わってもらえると親心としても嬉しいのかもしれませんね。

奥さんの名前はMandy(マンディ)さんといいます。

監督就任という事で一家揃って日本暮らしが始まるのか、それとも単身赴任なのかが気になりますが、上の三人はもういい年なので地元に残って勉学に励むのが得策のような気はしますが、よほど日本が好きなら父親と一緒に日本へ住む可能性もありですね。

 ニュージーランドという国から日本はかなり遠いですが、ワールドカップが始まれば応援に駆けつけに来るかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はラグビーワールドカップ日本代表の監督であるジェイミージョセフの出身や家族や子供について調べてみました。

現役時代や指揮官となってからの実力や成果、家族との関係などわかりましたでしょうか?

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

福岡堅樹(ラグビー )の怪我の状態で引退の時期はまもなく…医者への夢も諦められない

ジェイミージョセフの年俸と世間の評価について!ラグビー日本代表の実力は?

【ラグビー】稲垣選手の似てる有名人まとめ!