iz*one (アイズワン)の名前の由来ってなに?人気順位と3人の日本人との会話は?

芸能

こんにちは!

今回は来週のしゃべくり007にIZ*ONE(アイズワン)の出演が決まったことが話題になっていましたね。

その中で今回はグループ名の由来や、人気順位と日本人メンバーについて会話は大丈夫か調査してみました。

ぜひ、最後までご覧ください。

アイズワンの名前の由来とは?

IZ*ONEはまず名前の読み方はアイズワンです。

韓国のアイドルサバイバル番組であるプロデュース48から結成されたグループだそうです。

2018年8月末にファン投票が行われ、正式にデビューが決定しました。

2018年6月から放送されたオーディション番組「PRODUCE48」に最終審査を通過した人だけがIZ*ONEのデビューメンバーに選ばれています。

「IZ*ONE」というグループ名は公募の中から採用されたもので、「12種類の色を持つ星たちが、すべて1つになる瞬間」という意味が込められているそうです。

普通にグループ名に12を入れないでIZで字遊びしている所も愛着が持てそうですね。

IZ*ONEでの所属事務所は韓国のOff The Record Entertainmen。

この事務所は注目されている事務所の1つで、 IZ*ONEのデビューのために作られた新会社とも噂されていますね。

おそらく日韓の歴史もありますし、こういった両国の関係をアイドルユニットの中でも一つに統合しようという大きなテーマがあるのでしょうか。

今後の動向が気になりますね。

アイズワンの人気順位は?

  • 1位:チャンウォニョン:338,366票
  • 2位:宮脇咲良:316,105票
  • 3位:チョユリ:294,734票
  • 4位:チェイェナ:285,358票
  • 5位:アンジユン:280,487票
  • 6位:矢吹奈子:261,788票
  • 7位:クォンウンビ:250,212票
  • 8位:カンヘウォン:248,432票
  • 9位:本田仁美:240,418票
  • 10位:キムチェウォン:238,192票
  • 11位:キムミンジュ:227,061票
  • 12位:イチェヨン:221,273票

日本人メンバーの会話は?


日本人でいる3人は、宮脇咲良さん、矢吹奈子さん、本田仁美さんになります。

それぞれ韓国語はどれくらい取得しているか見ていきましょう。

宮脇咲良

日本語が話せるメンバーとしか話していない傾向があるようです。これではメンバー間で打ち解けることができるのかは少々不安になってきますね。

人気は上位にいるので、語学ももう少し頑張ってもらいたいですね。

矢吹奈子

PRODUCE48の頃から徐々に韓国語が上手くなったと周囲からも評価されています。

相当な勉強家のようで、難しい発音もこなせたりメンバーとも積極的に韓国語で話されている姿が、視聴者からも好印象だったようです。

韓国でも人気がうなぎ上りのようで、やはり親近感を持ってもらうのに語学の力はすごいと感じさせられました。

本田仁美

彼女の発音する韓国語は可愛いという声が多いようです。

オーディションのスピーチの時も韓国語だけで話していた姿に好感を持った人も多かったのではないのでしょうか?

そして喋れないながらも韓国語を話そうとする姿勢が、視聴者にも響いていると思われます。

この3人に関しては、これからの努力次第で韓国語も覚えられそうな気がしてきますね。

本田仁美さん、矢吹奈子さん、宮脇咲良さんの3人が、9人の韓国アイドル達とのやりとりを上手くとって溶け込んでいってもらいたいですね。

さらに、グループが本当に一つになって、日韓の関係にも貢献できることを望みたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アイズワンと言う去年デビューしたばかりですが、人気順位や日本人メンバーの取り組みを見ているだけでも今後の活躍が期待できそうですね。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました