森口博子の年収と本名は?歌唱力が若い頃より上手いか検証!

芸能

こんにちは!

今回はガンダムのカバーアルバムをリリースした森口博子さんが話題になっていましたね。

そこで今回は森口博子さんの年収と本名についてを調査してみました。

若い頃より歌が上手いという噂もあったので、当時との比較もしてみました。

ぜひ、最後までご覧ください。

プロフィール

芸名:森口博子(もりぐち ひろこ)

出身地:福岡県福岡市

生年月日:1968年6月13日

所属事務所:ノーリーズン

幼少期から芸能界へのあこがれが強く、数々の歌合戦に出場経験を持つ森口博子さん。

10代の頃はスクールメイツとしてレッスンに励む傍ら、音楽番組でバックダンサーなどをされていました。

この頃、アイドル歌手を目指して数多くのオーディションを受験するもいずれも不合格という不遇の時代を送っていました。

当時から綺麗な容姿だったにも関わらず、この当時のレベルは厳しかったようです。

そしてついにNHK「勝ち抜き歌謡天国」での準優勝によって、芸能界デビューの夢を果たすこととなりました。

高校2年には上京し、堀越高等学校転校。

有名な同級生には、荻野目洋子・武田久美子・井森美幸などと錚々たるメンバーが名を連ねていました。

1985年、アニメ「機動戦士Ζガンダム」の後期OPテーマ曲「水の星へ愛をこめて」でアイドル歌手としてデビュー。

同曲はオリコン16位のヒット曲となるも、次以降の曲が続かず、3年後の楽曲「サムライハート」までレコード販売が伸び悩む時期を過ごしました。

高校卒業直前、所属事務所から「リストラ宣告」を受け、地元福岡へ返されそうになりました。

そこで「なんでもやりますから返さないで」と懇願した結果、バラエティ番組のオファーが舞い込むことになりバラドルとして活路を見出すことに成功しています。

1991年、劇場版アニメ「機動戦士ガンダムF91」の主題歌「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中」でオリコン最高9位を獲得。

自身最大のヒット曲となり、1991年から6年連続で「NHK紅白歌合戦」に連続出場を果たしました。

その後は本業の歌手にとどまらず、2003年NHK連続テレビ小説「てるてる家族」やTBS「愛の劇場」で女優としても活躍。

年収と本名

本名は花村博美といい、8歳の頃に両親が離婚して母親が女手一人で育ててきたようです。

また、お母さんの教育方針は、恋愛禁止など厳しいものだったそうで、4人姉妹の末っ子なのでとくに厳しかったのかもしれませんね。

そして上京すると事務所からの”恋愛禁止”が当たり前の、アイドル歌手になるわけですから、この時代では付き合うこと自体が難しかったのかもしれません。

なので若い頃に恋愛するチャンスがなかったことも納得がいきます。

4人姉妹の末っ子という森口さんは、幼い頃に両親が離婚すると一気に家計が苦しくなり貧乏生活になったことも大きかったと思われます。

当時から貧乏だったことを友達に悟られないように、森口博子さんは周囲の友人には子供ながらに機転のきいたウソなどもつかなければならなかったようです。

小さな頃から逆境に立たされ続けた結果、これほどまでに女性1人でも力強く生き続けてこれた要因だったのかもしれませんね。

歌唱力が若い頃より上手か?

森口博子さんの歌唱力は当時から評価が高いということでした。

一時期ガンダム嫌いを発言したためにファンからは反感をかったとも言われています。

それはアニメソングを歌う歌手への評価が低かったことからの発言と捉えての発言だったと思われますが、伝わり方に誤解があると疑われても仕方ありませんね。

しかしガンダムへ貢献した立役者として、ガンダムファンの間では伝説の歌手として語り継がれているそうです。

今回のアルバムでまた再燃してブレイクする可能性もありますので楽しみですね。

「誰だって波瀾爆笑」に出演した内容は?

10月13日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」に出演されていました。

現在51歳で独身の森口博子さんは今もなおモテモテのようで、ここ最近の6年間でなんと3回もプロポーズを受けたことを告白していました。

全てを拒絶したという理由について番組内で語っていたのでまとめてみました。

「結婚より仕事を優先」

「タイミングが合わず」

「時間が全く合わず」

とそれぞれ結婚について自身への課題や問題があって断念したそうです。

結婚願望について聞かれると、

「もう楽ね、一人が…」

「今は婚活よりも保険の見直しのほうが大事です」と率直な本音を明かしていました。

現在の幸せな出来事について聞かれると、

そんな森口博子さんは最近、ウソのような体験を銀座でしたそうです。

「銀座を歩いている時に、サラリーマン風の人に何人かいたんですけど、『あ、広末涼子だ!』って言われてめっちゃうれしくて…」とにんまり。

「この間違え、悪くないって思って」と顔をほころばせると、進行のお笑いコンビ「アルコ&ピース」の平子祐希(40)は「なんでそんなウソをつくんですか!」とチクリ。

それでも森口は「マネジャーと一緒に居て!」とウソではないと主張し、笑わせた。

この放送を見て、ネットではこんな意見が飛び交ってるようです!

こう言った番組内での言動や、本人の明るい姿を目の当たりにしたら、男性に頼る生活ということも必要ないのかもしれませね。

知名度もあり年収もある程度は取れているので、しばらくは独身であるのかもしれませんが幸せの報告があるのも楽しみにしたいですね。

(追記10月13日)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はガンダムのカバーアルバムをリリースした森口博子さんについてまとめてみました。

これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。