坂本昌一と坂本良太郎の経歴・年収は?浅草の洋食店グリルランドの行き方は?【情熱大陸】

芸能

浅草の洋食店グリルグランの坂本昌一さんと坂本良太郎さんが情熱大陸に出演されます。

今回はこの二人の経歴と年収についてとグリルランドのお店の場所と行き方を調べてみました。

早速見ていきましょう。

プロフィール

本名:坂本昌一(さかもとまさかず)

年齢:50歳(2019年現在)

生年月日:1969

 

本名:坂本良太郎(さかもとりょうたろう)

年齢:47歳(2019年現在)

生年月日:1972

坂本昌一さん一家の長男として大学まで進みその後リクルートに就職され、経営や広告についての知識と経験を積み重ねていきます。

次男の坂本良太郎さんは料理の専門学校に進みその後フレンチやイタリアンで修行を積み、実家の後継になっています。

出身地や地元については、二人とも東京都台東区の出身だそうで、おそらくではありますが三代も続くお店を受け継いできているので、家族代々同じ場所に住み続けられているのではないかと思います。

坂本昌一と坂本良太郎の経歴

2人とも全く別々の道を進まれて来ていましたが、ある時転機を迎えます。

それまで坂本昌一さんは25年間勤務していたのですが、お店の経営危機ということもあり、弟とお店「グリルグランド」の看板を守るために退職を決意されます。

これには周囲の反対もすごかったそうですが、やはり家族の存在やお店の伝統を守りたい気持ちの方が先行して決断されたのかもしれませんね。

それからサービス専任として働き始めています。

この2人が別々の道に進んだのにはある経緯があり、幼い頃に弟との「キャベツの千切り対決」で敗れたことでシェフになることは諦めたそうです。

しかし、それから方向転換して接客や経営面で店を支えることを決意し馴染み客を大事にしながらも、増える外国人客に洋食の魅力を伝えるため、店の休憩時間に英会話学校に通っているそうです。

坂本昌一と坂本良太郎の年収

坂本昌一さんと坂本良太郎さんの年収についてですが、

お二人の年収に関しても店主とシェフなので気になりますよね。

正確な値はわかりませんが、一般的な飲食店だと年収は大体500万円程になるそうです。

会社員よりは手取りが多く見えるかもしれませんが、ランチからディナーまで遅い時間まで働く分、上乗せされていてもおかしくありませんね。

それと、グリルグランドと言えばテレビで何度も登場する程の洋食店という事でお客も常に満席だそうです。あのマツコさんも来店された事があるようで、ここの料理を絶賛されていました。

そう言った宣伝効果とお店の料理の美味しさが合わさって人気に拍車をかけているので、恐らく他店の倍以上の1000万円は超えられているのではないかと思われます。

浅草の洋食店グリルランドについて

浅草で家族3代に渡って、80年にも渡り受け継がれてきた味は圧倒的だと思います。

それに昭和の初期からの洋食店は何か懐かしさを感じる風合いを醸し出しているのも好評を得ている要因の1つかもしれません。

最近ではテレビ番組でも紹介されるほどの人気店で情熱大陸やマツコデラックスなどでも放送されていましたと。

グリルランドへの行き方は?

グリルグランドgrill GRAND

111-0032東京都台東区浅草3丁目24

 

営業時間 ランチ 11:3014:30

     ディナー17:0021:30

定休日  日曜・月曜

電話番号 03-3874-2351

アクセスとしては、浅草駅周辺の駅であれば徒歩で行けそうな距離となっています。

浅草浅草寺の裏手側の位置となっており、この周辺は昔からのお店が多いという事で、多くの観光客や外国人が行き交っている場所ですので、早めに来店した方が入れそうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

浅草の洋食店グリルグランの坂本昌一さんと坂本良太郎さんが情熱大陸に出演された二人の経歴と年収についてとグリルランドのお店の場所と行き方をまとめました。

これからも応援していきたい思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。