ラグビーワールドカップフランス代表監督の経歴は?!戦術や評価を徹底調査!

芸能

ラグビーワールドカップがまもなく開幕します。
日本以外に強豪国としてフランス代表監督の経歴についてと、戦術や評価などが気になったので調べてみました。

現在の代表について

フランス代表の愛称や表現によく持ち入れられるのが「レ・ブルー」「シャンパンラグビー」の2つになります。
レ・ブルーは代表選手が着ている青いジャージからそう呼ばれるようになりました。フランス国旗の色にも使われている色なので、選手や国民にも親しみの持ちやすい名称なのかもしれませんね。
シャンパンラグビーは、シャンパンの泡が湧いてくるように、選手たちがフィールドに次々と現れてはボールを繋いでいくスタイルを表しているようです。
また明確な戦術よりも、その場の閃きや瞬発力を優先するのがチームカラーなので、他国の分析家でも分析や対策がしづらく、世界の強豪チームもやりたくない相手の筆頭にあがるようです。

また注目すべきはフランス代表のエンブレムになります。
これはフランス国旗のトリコロールで形どったもので、鶏のような形がオシャレにかたどられたマークとなっています。世界三大グルメのフランスならではの国民性を表しているのかもしれませんね。

代表監督はジャック・ブルネル

フランス代表監督はジャックブルネイさんになります。もともとイタリア代表のヘッドコーチとして指揮されていた方で、近年のフランス代表の成績不振によって前監督の任期途中での監督解任に伴い、2年前に監督に就任したばかりとなります。
この監督の交代は2019年ワールドカップを明らかに意識していると思われます。
ファンの多くはフランス代表の不振で大きく見放してしまったかのような反応でしたが、監督交代で成果を残して見返したいところである。
最近では大幅な選手の入れ替えで、有名選手が外されたりすることでもて話題になっていましたね。

ジャック・ブルネルの経歴

以下引用

1954年生まれ。フランスのワイン農家の息子として生まれ、現役時代はWTBとしてオッシュやグルノーブルなどでプレーしてました。
引退後は農業共済組合で働きながら、アマチュアクラブの監督をして所、1998年にプロのコーチとして専念することになります。
コロミエ、ポーなどのコーチを経て、2001年にベルナール・ラパセの下、フランスのアシスタントコーチに就任し、2003〜2007年のワールドカップを経験する。
その後ペルピニャンのGMを務め、2011年にイタリアのヘッドコーチに就任し2015年大会に出場。

2016年に退任後、ボルドーを指揮していたが、ギー・ノヴェスの退任に伴い2017年末にフランスのヘッドコーチとなった。
引用文書  チームラグビー

ラグビー代表の戦術や評価は?

急な監督交代にも関わらずフランス代表の世界ランキングは9位まで上昇しています。
結果的には監督交代が功を奏しているようで、
大幅な選手交代などのテコ入れなども上手くいっているようで、国民からも徐々にファンが戻りつつあると思われます。
まだまだ急ピッチで改善など図っているようなので、ワールドカップまでには実力やチーム力も向上してくるのではないかと思われます。
選手自体も監督の指揮によって結果がよくなってくる以上は信頼して取り組んでいくのでワールドカップの成績も期待出来るのではないでしょうか?
日本とは別のグループですが、その活躍が気になってきますね。
兎にも角にも結果を残す事が最善の策のように思われます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はラグビーワールドカップフランス代表監督の経歴についてと、戦術や評価についてまとめてみました。
これからも応援していきたいと思います。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。