新田真剣佑に隠し子がいた?性格や彼女作らない理由とは

芸能

端正な顔立ちと力強い目力で人気の若手俳優、新田真剣佑。

そんな新田真剣佑に隠し子がいるという噂があるのです。

隠し子とはまた、なかなかスキャンダラスですよね。

そこで、この噂の真相に迫ってみました。

新田真剣佑のプロフィール

ではまず、新田真剣佑さんのプロフィールをご覧ください。

生年月日:1996年11月16日 アメリカ/ロサンゼルス生まれ。

本名:前田真剣佑(まえだ まっけんゆう)

血液型:B型

新田真剣佑さんのお父さんは、アクション俳優の千葉真一さんだというのは有名な話ですよね。

私は千葉さんの奥さんは野際陽子さんしか知らなかったので、最初に聞いたときは千葉さんと野際さんとの間の子供かと思ったのですが、違いました。

千葉さんが野際さんと離婚したあとに、千葉さんはアメリカである日本人女性と出会い、再婚します。

その女性との間に生まれたのが新田真剣祐さんと、弟の郷敦(ごーどん)さんなのです。

また、新田真剣佑さんは彫りの深い顔立ちなのでハーフかと思っていましたが、ハーフではなかったんですね。

私は新田真剣佑さんの名前の読み方がわからなかったのですが、読み方は「まっけんゆう」で、この3文字で下の名前です。

父の千葉真一さんが「真実の剣を持って人の右に出てほしい」という願いを込めて付けた名前なのです。

新田真剣佑さんは、以前は「真剣佑」の名前で活動していましたが、2017年5月に事務所を移籍したタイミングで「新田真剣佑」に改名しました。

この名前は、日本で芝居を志すきっかけとなった映画「ちはやふる」で自信が演じた役名「綿谷新」からとった名前です。

本当に性格は悪いのか?

新田真剣佑の知名度が上がった作品「ちはやふるシリーズ 」や「仰げば尊し」「僕たちがやりました」「トドメの接吻 」などの人気映画になります。

このうち「仰げば尊し」と「僕たちがやりました」は不良グループのリーダーや幹部など不良キャラを演じていました。

「トドメの接吻」では最初は王子様キャラを演じつつも、実は裏があり回を重ねるごとにドス黒い面を見せていく演技で魅了していました。

こうした不良役や腹黒い役、無表情で感情が読みにくい役を演じることが多かったため、周囲や噂で本当に怖いのではないかというイメージがついて行ったのではないかと思われます。

実際には天然でシャイだということで、人と話すときには若干人見知りで話してしまうようです。

まだまだお若いので、これから成長していくうちに人付き合いにも慣れ、周囲の誤解も解けていくように思われます。

衝撃!!隠し子がいるって本当?

そんな新田真剣佑さんに隠し子がいるという噂があります。

本当だったらかなりショッキングですよね。

新田真剣佑さんが生まれたのはアメリカで、その後もアメリカで生活していました。

そのアメリカで知り合ったのが、新田真剣佑さんの娘を産んだとされる女性です。

この女性は、千葉真一夫妻の友人で当時既婚者だったため、このことを知った千葉真一さんは大激怒。

当時、新田真剣佑さんは14歳だったというので、これは親として当然ですよね。

アメリカでは、未成年との性的交渉に関して日本よりも厳しいため、相手の女性は2013年10月に訴えられました。

しかし、同年12月にこの訴えは棄却されます。

これは、訴えられた当初は「無理やり関係を持たされた」とされていたことを、新田真剣佑さん自身が「無理やりではなく、合意の上だった」と証言したからです。

相手の女性が妊娠したとしても産まないようにすることもできただろうし、相手の女性が訴えられたときに「無理やりだった」と言うこともできただろうに、そうしなかったところに新田真剣佑さんの相手の女性に対する気持ちを感じることができます。

これは女性にとってはとてもうれしいことだと思うのです。

また、周囲には「自分の娘だ」と紹介もしたこともあったと言います。

これらのことからもわかるように、新田真剣佑さんは相手の女性と子供に愛情を持って接しています。

ただ、未成年だったため、子供の認知はしていません。

お父さんが有名な俳優であることや、新田真剣佑さんの今後の活動を見据えてのことかもしれませんね。

新田真剣佑さんが彼女を作らない理由は?

新田真剣佑さんは今までも何度か熱愛の噂がありましたが、どれも否定しています。

仲の良さそうな2ショット写真もありますが、アメリカ育ちの新田さんなのでスキンシップが多めなだけなのでしょう。

絶対にモテるはずの新田真剣佑さんが彼女を作らない理由は、やはりアメリカで暮らす娘とそのお母さんの存在が大きいのかもしれないですね。

まとめ

人気の若手俳優に隠し子がいると聞いて、最初はビックリしたし少し見る目も変わりましたが、相手の女性や子供に対する気持ちが誠実に感じられて逆に見直しました。

娘さんに対して愛情を持っているのなら、いつの日かいっしょに暮らせる日が来るといいなと思ったりします。